一番欲しいと思えるiPad mini 5専用ケースが発売開始された

Pocket

iPad mini 5を購入してから1ヵ月、専用のケースとフィルムを購入してから2週間が経過しました。『流石に使おうよ!』自分が自分にそう言ってる様な気がしたので、週末に開封する決意をしました。

しかし開封すると決めた週、タイムラインに私の好きなブランドの1つ、Spigenさんのツイートが流れてきました。

私がどんなデザインを好んでいるかというと、こういうのです。

Apple Watchに合うベストなケースとフィルムはコレだった!

続きを見る

まさにタフアーマー(テック?)。男にはたまらない武骨さ。そして圧倒的なガード性能。本体を本気で守りたいなら間違いなくコレです。

そのiPad mini 5専用のケースが最悪のタイミングで発売されたのです。2週間前に出て入れば迷わずこっちを買ったのに!!!

これからiPad mini 5を開封して使おうとしている矢先のことです。本当にタイミング悪すぎ・・・。

そしてまた悩みモードに突入。『ケースはESRの風呂蓋のままで良いのか?』『せっかく欲しいデザインのケースが出たのにそれで良いのか?』『あくまでもつなぎのつもりで買ったんだろ?』

もう一人の自分が囁きかけてきました。

その結果こうなってえ!

 

こうなりました。

ハッ!!!一体何をやってるのだ私は・・・ケース2つも要らねえだろ。真夏日のせいで少し頭がおかしくなっていたのかもしれません。

しかし実際にケース2つ買ってしまいましたし、まさか返品する訳にもいきません。そして本来、手元にはセールになっているiPad mini 4のケースが届いていて、iPad mini 5に装着と同時に使えなくて、絶望していたはずなのです。

iPad mini 4とiPad mini 5の形状は違ってた!iPad mini 4のケースをiPad mini 5では使えない【注意】

続きを見る

だからプラスに捉えればあ!iPad mini 4のケースを間違って買うこともありませんでしたし、iPad mini 5専用ケース2つ分のレビューも出来るということ。

ひとまずiPad mini 5専用ケースを1つずつレビューしていきたいと思います。まずは先に購入したESRからかな。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

ESR iPad mini 5専用 PUレザーケース 『素材感』から『ホール位置まで』徹底的にレビュー

続きを見る

Spigen『タフアーマー・テック』はiPad mini 5専用のベストケース!拘り抜かれた細部を徹底レビュー!

続きを見る

 

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Xiaomi Mi Note 10 LiteにAndroid 11(MIUI 12)の提供が開始!

カメラセンサーに『ZenFone 7』と同じIMX 686を採用し、6,400万画素の超高解像度撮影に対応するハイミッドレンジモデル『Xiaomi Mi Note 10 Lite』。MIUIのバージョ ...

イタリアでTCL 10 LiteにAndroid 11へのアップデートが提供開始!高品質な激安高容量モデルにサプライズ!

ミッドレンジ市場では珍しいメモリ6GB、ストレージ128GBの大容量モデル『TCL 10 Lite』。 ディスプレイメーカーが作っているのでディスプレイ品質がとても高く、カメラや筐体もしっかり作り込ま ...

Exynos 2100のGeekbenchスコアはSnapdragon888と同等もしくはやや下回る結果。不安定さも露呈

精度の高い情報を提供し続けているIce universeは、自身のTwitterにGeekbench 5で計測したExynos 2100のスコアを投稿。計測に利用した端末は、型番がSM-G998Nにな ...

OnePlus BandをXiaomi Mi Band 5、Amazfit Band 5、Honor Band 6と比較

OnePlusがはじめてリリースしたスマートバンド『OnePlus Band』。専用アプリ『OnePlus Health』が用意され、価格は2,499ルピー(3,550円程度)。 しかしすでに市場には ...

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.