嘘つきLenovoが『スナドラ710』『トリプルレンズ』な『Z6 Lite』を17,500円で出すらしい

投稿日:

Pocket

本日Xiaomi『Redmi K20』シリーズのリリースにぶつけるかのごとく、Lenovoはミッドレンジモデル『Z6 Lite』の発売を開始しました。

Z6 Liteは『ナイトブラック』『シンフォニースター』の2色展開。ディスプレイ占有率は93.07%とRedmi K20 Proよりたけえ!流石全面ディスプレイ詐欺から復活したLenovoさんです。

さらにこのディスプレイ、有機ELではありませんが『HDR10』をサポートしています。ダイナミックレンジの広い描写が期待できます。ディスプレイサイズは6.39なのでK20 Proと同じですね。やはり意識しているのか。

Z6 Liteは質感にも拘り、228工程のレーザーとセラミックテクスチャード加工により、3次元の質感と見た事のないグラデーションを実現しています。また、ThinkPadのノートブックと同じロールケージマグネシウム合金フレームを使っているのも特徴です。何だミッドレンジなのにフラッグシップ機並みの拘りだな・・・

カメラだってRedmi K20シリーズに負けじとトリプルレンズ!メインレンズは1600万画素(F値は1.8と中々明るい)、セカンドレンズは8倍ハイブリッドズームという如何わしいスペック。解像度は800万画素。サードレンズは500万画素で深度測定機能を備えます。

P30 Proですらハイブリッド10倍ズームなのに、8倍とかおかしいでしょ!正直に光学〇倍ズームと書けば良いのに。こういうところうさん臭くて嫌いです。

SocにはSnapdragon710を搭載。好きです。Snapdragon 710は最新の730の前モデルとなりますが、17万を超えるAntutuベンチマーク。安定性抜群。730が出て価格が下がっている今が一番の買い時でしょう。抜け目ないですね。

まあしっかりしたスペックです。2万円台前半くらいが妥当かな?日本国内だと3万円台後半かな?

私の予想を尋常じゃないレベルで超えてきました。

4/64GBモデルが17,500円(は?)、6GB/64GBモデルが22,000円程度(これは結構はっきりとした価格差ですね)、6GB/128GBが27,000円程度で発売されています。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.