スマートウォッチとBluetoothイヤフォンを合体させるとこうなる

Pocket
Facebook にシェア

Air Podsをはじめ、ケーブルレスな分離型イヤフォンが最近の主流。小型のケースに収納すれば、そのままイヤフォンを充電出来るのも特徴の一つです。

しかし分離型は一体型と比較して連続使用時間が短かったり、ケースを別に持ち運ぶのが面倒だったりという短所も。それをどちらも補うことができるのが、スマートウォッチ一体型Bluetoothイヤフォン『MAFAM M1』です。

スマートウォッチのバッテリー部分にイヤフォンを格納するイメージ。発想がすげえ。気になる大きさはものすごくゴツくなりそうですけど、装着感を見るとそうでもありません。ギリギリセーフの領域。

MAFAM M1は0.96インチのTFTタッチ式スクリーンを採用。最新のBluetooth規格5.0に対応し、IP67の防水規格にも準拠。心拍及び血圧センサー、カロリー消費量に加えアプリの通知機能、活動追跡機能とスマートウォッチとしての機能も十分。

バッテリー部分が110mAhなので通常の分離型イヤフォンケースよりは小さめですが、それでも『スマートウォッチとイヤフォンを一緒に充電』できたり、『いつでもBluetoothイヤフォンを充電』できたりと、一体型のメリットは使い始めればすぐに分かるはず。

MAFAM M1は7,500円程度で販売中。スマートウォッチとイヤフォンを同時に購入すると考えればハイコスパな価格設定ですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.