VIVO NEX 2は『着脱式カメラ』を採用。無線接続でどこからでも撮影可能!

投稿日:

Pocket

今では搭載するスマートフォンが増えた『ポップアップカメラ』ですが、それを一番最初に提案したのはVIVOの『APEX』でした。

APEXはその後名前を『VIVO NEX』と名前を変えて発売され、新技術の到来と市場に大きなインパクトを残しました。

そのVIVOのNEXシリーズ最新モデル『VIVO NEX 2』に、また驚愕の新技術が採用されます。それは『取り外し可能なカメラ』。一昔前にXperiaも似たようなシリーズを出したことがありましたが、カメラ部分が大きすぎたためか間もなく姿を消しました。

VIVO NEX 2に採用される取り外し可能なカメラは、全くの別次元。画像から確認する限り、そのカメラはフロントとリア、どちらにも装着することが出来るだけでなく、離れた場所にも設置が可能な様です。

この仕様だと、接続は恐らく『Bluetooth』によるもの。さらに最新技術を盛り込むのであれば、遠距離充電に対応している可能性もあります。あとはリア部分に格納した時に、自動的にカメラに充電が開始される仕組みでしょう。ワイヤレスによる相互充電機能を応用した感じですね。おもしれえ・・・。

もっともBluetooth接続可能なカメラを搭載するという発想も素晴らしく、さらにトリプルレンズ(もしくはクワッドレンズ?)なので画質も良い事でしょう。あとはこの小さいカメラにどれだけのソリューションを詰め込む事が出来るかですね。

ポップアップ以上の衝撃を与えそうなVIVO NEX 2の最新カメラ技術。はやく実物のデモンストレーションをみてみたいものです。これは完全に未来だ!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.