Asus ZenBook Pro Duoは1台で『3つの顔』を持つキングギドラPCだった

投稿日:

Pocket

未来的な見た目のデザインに一目ぼれしそうなラップトップが『Asus ZenBook Pro Duo』。画像を見た瞬間にやべえと思いました。

Asus ZenBook Pro Duoは世界最大のコンピュータハードウェアイベント、『Computex』で最も注目を集めたモデルの一つ。ディスプレイを2つ備え、しかもその解像度はどちらも4K。メインのディスプレイ解像度が4Kなのは良いとして、セカンドディスプレイ( ScreenPad Plusと呼ぶらしい)まで4Kって正直無駄じゃね?

一応差別化してるのは、メインディスプレイが有機ELでScreenPad Plusは液晶。消費電力のこと考えたらここは逆に有機ELで統一した方が良さそうだが・・・。ScreenPad Plusはブラックトーンで使ってれば省エネ駆動が出来そうだし。Mac Book Proのタッチバーは有機ELなのでその辺りちゃんと考えてそう。ちなみにディスプレイは15インチで比率は16:9。ScreenPad Plusは32:9です。

Asus ZenBook Pro Duoのすごいところは、2つのディスプレイを備えながらフルサイズのキーボードも搭載していること。エスケープボタンやファンクションキーもちゃんとついてます。その上トラックパッドまでついてるってさすがに詰め込み過ぎやろう!しかもそのトラックパッドはテンキーとして使うことも出来ちゃいます。『Nums』がデフォルトでついてるってことか。すげぇ・・・。

また、セカンドディスプレイであるScreenPad PlusはフルHD解像度で16:9に分割して表示させることも可能。つまりそうすることでディスプレイが3つある状態に。デイトレーダーみたいだな・・・そしてキングギドラだ。かっけぇ。

もちろんメインディスプレイのサブとして使うことも出来るので、その場合は単純に表示領域を拡大できます。しかしScreenPad Plusに表示させたら便利そうなものが無数に思いつきます。

『作曲ソフトのピアノ鍵盤』『SNSアプリ』『株や為替のチャート』『アプリのツールバー』『テレビ電話の画面』『複数のニュースサイト』『熱帯魚の水槽』などなど。考え続ければもっともっと出てきそうな気がします。ペンタブとしても使えますね!使い方を考えるだけでも楽しすぎ!!

特殊なディスプレイにばかり目がいってしまいますが、Asus ZenBook Pro Duoは性能だってすごい。最新のグラフィックスカード『Nvidia RTX 2060 』を搭載し、CPUにはIntelの最新シリーズ、8コアの『Core i9プロセッサ』を採用。おいおいそこらのデスクトップより高性能じゃねえか・・・。さらに『Alexa』に『Cortana』という2つのAIをサポートする無双ぶり。4つの遠距離マイクを装備し、認識精度もバッチリです。

ポートはThunderbolt 3にUSB-Aポート、ヘッドフォンジャックにフルサイズのHDMIを備えます。

また、ZenBook Pro Duoを使った本格的な動画編集のデモンストレーションも行われサクっとこなしていた様子。そりゃこれだけのスペックだったら動画だっていけちゃうでしょう。しかしスペックを詰め込みまくった代償は当然重さとして返ってきます。15インチサイズで2.5kgは中々の重量。

しかしこれだけの重さだとしても、ディスプレイの電力消費がかなり高めと想定されるので、連続駆動時間はかなり短くなるでしょう。あくまでも外出先ではACアダプター必須。データとハイスペックPCをどこにでも持ち運べるといった認識の方が良いかもしれません。

AsusはZenBook Pro Duoは廉価版のZenBook Duoと共に今年の第三四半期中に発売予定。ZenBook Duoも気になるぜ!

価格などはまだ公開されていませんが、恐らくとんでもない高値になりそうな予感。とても手が出せそうにないので、どこかでデモ機を見つけたらさわってみたいと思います。

合わせて読みたい関連記事がコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.