Huaweiの独自OS『中国はhongMeng』『グローバルはARK』

投稿日:

Pocket


独自OSの開発に燃えるHuaweiが、EUROでいくつかの商標を出願しました。

この商標には『ARK』『ARK OS』『HUAWEI ARK OS』『HUAWEI ARK COMPILER』『HUAWEI ARK』といった、HUAWEIが開発中のOS名とみられる名前が多数。そしてそれがスマートフォン用、パソコン用などに分けられていることも分かります。

『hongMeng』が中国国内用としてつけられた名前で、『ARK』はグローバル用の呼び名になるだろうというのが大方の予想。確かに『hongMeng』ではダサすぎて使う気が起きません。

しかし先に開発が進むのは、間違いなく自国用の『hongMeng』。『Huawei HongMeng』の商標は昨年の8月24日にすでに提出されており、2019年の5月14日にそれが発表されました。

『Huawei HongMeng』は今年の秋〜来年の春にかけてリリースされる事がHuaweiのYu Chengdongから伝えられており、グローバル版が同時にリリースされるかは不明。

スマートフォンアプリに関しては、Androidとの互換性が明らかにされている事から、早い段階での流通が期待されます。

Huawei独自OSはAndroidと互換性ありでリリース間近!これはいけるぞ!

サヨナラ『Android』、ハジメマシテ『ARK OS』がめちゃくちゃ現実的だったHuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコ ...

続きを見る

使い続けるかは別として、ベータ版でいいからとりあえず操作してみたい!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.