Appleが中身だけ変えた手抜きアップデートで『iPod touch』を再販!

Pocket
Facebook にシェア

私はエイプリルフールにiPod touchがクアッドレンズになって返ってくるという記事を書きました。

記事内容や画像をリアルに作りこみ過ぎたため、エイプリルフールが終わった後も記事にはアクセスが殺到。とてもきまずい思いをしました。まあ消しませんでしたが。

AppleがiPod touch Cameraをリリース!衝撃の4眼レンズ搭載!!

続きを見る

しかし今回の記事は嘘ではありません!本当にiPod Touchの新型が登場です!

iPod touchは2015年にリニューアルされたのが最後で、その後ぴったりとリリースが止まっていました。iPhoneのシェアが圧倒的に膨らむ中、出番無しだったのが正直なところ。

今回満を持してiPod touchが発売されるのは、iPhoneの販売台数が過渡期を迎え伸び悩み、売れなくなっているという象徴とも言えるでしょう。

さて、iPod touchのどこがリニューアルされたかと言えば、Soc!iPad mini 5、iPad Airの時と殆ど一緒です。そして今回搭載されるSocは最新のものではなく、iPhone 7に搭載されている『A10 Fusion 』です。Antutuのベンチマークスコアは18万程度と、発売開始された時期を考えると恐ろしい高さです。今でもバリバリって感じですね。

ディスプレイは4インチのRetina解像度。あの頃はこのサイズが普通だった。そしてRetina解像度に感動していた。使ってたんですよねiPod touch。でももう使わねえよ!?4インチとか小さすぎていらねえ!リアカメラは800万画素。まあ4年の歳月が経過しているので厳しいスペックですよね。

価格は32GBモデルが21,800円。Micro SD使えないんだろお!?128GBモデルが32,800円、256GBモデルが43,800円となっています。

32GBモデルは容量小さくて今の時代使い物にならなそう。256GBモデル買うくらいならA12搭載してるiPad mini買うわ!というか持ってるわ!

結局Socが余りまくってるんだろう!?Appleさん!リニューアルするなら手抜きしたいでせめてデザイン変えようぜ!Androidは皆そうやってるじゃん!

別にApple嫌いじゃないけど、やっぱり2回続くと手抜き感は否めない。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.