Logitechの『VR Ink Pilot Edition』が未来すぎ!空間に絵が描ける時代に突入だ!

投稿日:

Pocket

Logitechが新次元のVRスタイラス『』をリリースしました。ついに未来きたって感じです。

VR Ink Pilot Editionはスタイラスペンの様に手で持ち、『空中への描画』と『平面への描画』をシームレスに切り替えることができます。

Unleash Creativity in True 3D, with Logitech VR Ink Pilot Edition

Today's creative pioneers need new tools they already love, but adapted to a world of true 3D. Logitech VR Ink Pilot Edition is a first step in unleashing creativity in this 3D space, set to stimulate the VR ecosystem. It's a stylus that works with precision in VR on 2D surfaces or in the air.

デモンストレーションでは『3D CAD』を使った車や飛行機のデザイン映像が流され、アプリケーション開発者や車、飛行機メーカーに対しアプローチを行っています。

立体デザインを行う上でVR Ink Pilot Editionは間違いなく今後主流になる技術。あっという間にシェアは拡大することでしょう。

VR Ink Pilot Editionは平面を描画するための『感圧チップ』に加え、『グリップコントロール』『カスタマイズボタン』さらにVR内のオブジェクトを操作するための『2Dタッチ』にも対応。空間に描くための新技術は圧巻の一言。

しかし新未来技術、やはり弱点があります。それはVRゴーグル全般に言えることですが、連続駆動時間。『2時間半』という限定された時間は、実作業を行うには少々厳しいのが事実。改善が求められる部分です。

Logitechはまず、今年の後半に少数のVR Ink Pilot Editionを一部のパートナーに限定配布。

価格についてはまだ未定とのことですが、正直想像がつきません。100万を超えてもそれはそれなのかと思ってしまいそうな。

この様なワクワクする新技術、どんどん開発して欲しいですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.