Logitechの『VR Ink Pilot Edition』が未来すぎ!空間に絵が描ける時代に突入だ!

Pocket

Logitechが新次元のVRスタイラス『』をリリースしました。ついに未来きたって感じです。

VR Ink Pilot Editionはスタイラスペンの様に手で持ち、『空中への描画』と『平面への描画』をシームレスに切り替えることができます。

Unleash Creativity in True 3D, with Logitech VR Ink Pilot Edition

Today's creative pioneers need new tools they already love, but adapted to a world of true 3D. Logitech VR Ink Pilot Edition is a first step in unleashing creativity in this 3D space, set to stimulate the VR ecosystem. It's a stylus that works with precision in VR on 2D surfaces or in the air.

デモンストレーションでは『3D CAD』を使った車や飛行機のデザイン映像が流され、アプリケーション開発者や車、飛行機メーカーに対しアプローチを行っています。

立体デザインを行う上でVR Ink Pilot Editionは間違いなく今後主流になる技術。あっという間にシェアは拡大することでしょう。

VR Ink Pilot Editionは平面を描画するための『感圧チップ』に加え、『グリップコントロール』『カスタマイズボタン』さらにVR内のオブジェクトを操作するための『2Dタッチ』にも対応。空間に描くための新技術は圧巻の一言。

しかし新未来技術、やはり弱点があります。それはVRゴーグル全般に言えることですが、連続駆動時間。『2時間半』という限定された時間は、実作業を行うには少々厳しいのが事実。改善が求められる部分です。

Logitechはまず、今年の後半に少数のVR Ink Pilot Editionを一部のパートナーに限定配布。

価格についてはまだ未定とのことですが、正直想像がつきません。100万を超えてもそれはそれなのかと思ってしまいそうな。

この様なワクワクする新技術、どんどん開発して欲しいですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.