Redmi『K20』シリーズがXiaomi『Mi 9T』シリーズとしてロシアに突入!

投稿日:

Pocket

先日リリースされたばかりのRedmiの『K20』シリーズ。そのK20シリーズがXiaomiのMi 9シリーズの新モデルとして発売されるとの記事を書きましたが、それが現実になりました!

Xiaomiの『Mi 9』ニューモデルは『Redmi K20』シリーズと何ら変わらない可能性

発売日直前!スナドラ730搭載『Redmi K20』の画像がもれる!『Xiaomi Mi 9』『Xiaomi Mi 9T』『Redmi K20 Pro』カメラ徹底画質比較!意外な画質差がXiaomiの ...

続きを見る

『Redmi K20』を『Xiaomi Mi 9 T』として発売されるのはロシア。すでに『Xiaomi Mi 9T』の名前はタイやポーランドでも発見されており、それが『Redmi K20』であることが今回の件で明らかになりました。

Redmi K20シリーズはSnapdragon730を搭載した『K20』とSnapdragon855を搭載した『K20 Pro』の2モデル。私は元々K20にしか興味が無かったのですが、『K20 Pro』の記事を書く内にそっちの方が欲しくなってしまいました。

Redmi K20 Proの作りこみがかなり強烈!専用ゲームパッドまで発売されるらしい

『Xiaomi Mi 9』『Xiaomi Mi 9T』『Redmi K20 Pro』カメラ徹底画質比較!意外な画質差がRedmi K20には最新の『Game Turbo 2.0』が搭載!Xiaomiの ...

続きを見る

というのも、『K20』と『K20 Pro』の価格差が1万円程度しかなく、Soc性能の違いを考えると『K20 Pro』の方が間違いなくコスパが高い!

ロシアでの販売価格はMi 9T(K20)が42,000円程度。Mi 9T Pro(K20 Pro)が59,000円程度と少し高目の価格設定。

てか中身一緒で名前全然違うの訳分からなくなるから本当やめてほしい・・・

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.