渦中のHuaweiが5月30日に『新Soc』をリリースするらしい

投稿日:

Pocket

Socの開発で『ARM』が手を引き、今後の基盤設計が困難になると予想される『Huawei』ですが、このタイミングで5月31日に新型をリリースするとの事。

新たにリリースされるのはフラッグシップ向けの『Kirin 985』ではなく、ミッドレンジ向きに搭載されている代表的なSoc『Kirin 710』のアップデートモデルとなる『Kirin 720』。

Kirin 720の製造はすでにTSMCに移行され、10nmプロセスが採用されていることが明かされていました。そしてこのKirin 720がARMの設計した最後のチップになる可能性も指摘されています。

Kirin 710はAI性能と電力効率を高めた優秀なSocでしたが、720ではGPUとNPUがさらに向上するとのこと。めちゃくちゃ使ってみたいですが、このタイミングだとどのOSのスマートフォンに搭載されるかが全くわかりません。

MateシリーズとPシリーズの下位モデルに採用される可能性が濃厚ですが、そもそもその2つのモデルすら、OSがどうなるのか、そもそもリリースされるのかが不明。

Socだけ開発して搭載する端末が無いというのはあまりにも悲惨な状態。しかも時代に合ったプレミアムミッドレンジに採用されるべくSocなだけに、尚更今の状態を歯がゆくて仕方ありません。他のメーカーに供給することもしないだろうし・・・本当にもったいねえ・・・

そしてこれがARM最後の設計だとすると、これから本当に大変ですね。Hisiliconは有能な技術者を引き抜いてくることが出来るのでしょうか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.