MediaTekがQualcommより先に『5Gモデム統合型Soc』をリリースだ!

Pocket
Facebook にシェア


台湾の大手半導体メーカー『MediaTek』が、同社としては初となる5G対応モデムを搭載したモバイルチップセットをリリースしました。

チップセットは極小の7nmプロセスにて設計。同社の『Helio M70(5G対応モデムチップ)』と、ARM社がリリースしたばかりのモバイル向けCPU「Cortex-A77」に同じくモバイル向けに作られたGPU「Mali-G77」を1つのチップに統合して作られています。

統合型は省スペースと低電力を実現するので、今後は各メーカーがこのやり方で開発をすすめる事になります。

搭載モデムの最大ダウンロード速度は理論値で4.7Gbps。アップロード速度は2.5Gbps。Qualcommの『X55モデムチップ』は7Gbpsの最大ダウンロード速度に対応するので、速度的には劣りますが、MediaTekの何よりの利点は、前述した通り全てを1つのチップに統合出来るということ。

Qualcommの場合はSocとモデムが分離しているので多くのスペースと余分な電力を消費することになります。

5G対応のSoc開発にやや遅れをとっていたかに感じられたMediaTekですが、ここで一気にQualcommやHiSiliconをぶち抜いた感。

HiSiliconとの提携を解除したARMは、今後MediaTekとの開発に力を入れる可能性が大です。最初チップのリリースは2020年の初頭を予定。一気にシェアを拡大する事ができるのか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.