3社独占状態の半導体設計ソフトウェア開発企業は全て『アメリカ』。Kirinの設計がガチでやばい

投稿日:

Pocket

アメリカ政府の圧力により『ARM』との取引が出来なくなったHUAWEI。『ARM』に続き、半導体の設計自動化ソフトウェアの開発を行っている『Synopsys』もHuawei HiSiliconに対しソフトウェアのアップデートを行わない方針。

半導体の設計を行っていた『ARM』を失い、Synopsysのソフトウェアを使って設計を行わなければならない現状においてののアップデート停止。これはあまりに痛すぎる。

さらにSynopsysと同様のソフトウェアを開発している『Cadence Design Systems』や『Mentor Graphics』もアメリカの企業なので利用は不可能。

EDAツール開発は3社の独占状態。全てがアメリカ企業というあまりに厳しい状況です。アメリカやっぱりこええええ

最新の設計ソフトが無ければ、実質最新チップの設計は不可能。製造は出来ても設計が出来なくなりそうな今の現状。

すでにKirin 985、990の設計は終了し、製造段階にあるので現状の心配はありませんが、問題は今後について。ここでまさかの台湾企業、MediaTek様の登場か!?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.