iPad mimi 5を開封したのでとりあえずレビュー

Pocket

Line PayのPayトク狙いで購入したiPad mini 5。まぁ正直、そこまでものすごく欲しくて買った訳でもなく・・・

Line Pay 『Pay 得』1万円キャッシュバックの圧力に負けた件

続きを見る

そして気づけば1ヵ月が経過していた訳です。ごめんなさいiPad mini 5さん。しかしPayトクでの還元はほぼMAXの1万円近く受けられますし、Apple製品なんで資産価値も高く、Payトクと絡めて買うのはマジでオススメです。

6月もLINE Pay『Pay トク祭』開催だ!しかしLINE Pay CARDがまさかの対象外に

続きを見る

さて、今更感は強いのですが、せっかく買ったiPad mini 5。こういったブログを運営している手前レビューを書かない訳にはいきません。実は先日、一足先にケースのレビューを行ってしまいました。しかも一気に2ケース分。

Spigen『タフアーマー・テック』はiPad mini 5専用のベストケース!拘り抜かれた細部を徹底レビュー!

続きを見る

ESR iPad mini 5専用 PUレザーケース 『素材感』から『ホール位置まで』徹底的にレビュー

続きを見る

まあケースのレビューにちょっと気合を入れすぎてしまったこともあり、iPad mini 5本体のレビューはソコソコな感じで行っていきたいと思います。今日も暑くなりそうだし書く気力が奪われる・・・

Apple iPad mini 5 開けちゃったんでとりあえずレビュー

一応最新型のiPad mini 5ですが、外観が大きく変更された訳でも無いので見慣れてしまったデザインです。まあ厳密には微調整が加えられているので、iPad mini 4と5の違いが分からない人はコチラの記事をチェック。

iPad mini 4とiPad mini 5の形状は違ってた!iPad mini 4のケースをiPad mini 5では使えない【注意】

続きを見る

iPad mini 5レビュー ディスプレイ面

みんなが見慣れたホームボタン搭載してるApple製品

普通にiPad miniです。iPhoneよりは大きいiPad mini。iPad Airよりは小さめのiPad mini。

ホームボタンが付いてるiPad mini!正直デザイン的にDISりたい要素は色々とあるんですけど、だったら買うなというお叱りを受けそうなので、今回は口を噤む事にします。

iPad mini 5のディスプレイは視認性高し。滲みが無くて発色が綺麗なRetina

Apple製品は文字の見え方がやっぱり綺麗なんですよね。Mac使ってるとよく分かるんですけど、ジャギって無いんです。

Macしか使って無くてWindowsにうつると、『なんだことギザギザな文字は!』と驚くはず。文字を読む機会は当然多いので、文字が綺麗って大事です。

後、最近は縦長なディスプレイ比率に慣れてしまってますが、iPad mini 5の場合は横にも広いです。その分情報は多く表示できると捉えることも出来るでしょう。野暮ったいと言えば野暮ったいでしょう。まぁ使い勝手か好みかなあと。

 

iPad mini 5の外観 背面

スペースグレーの色合いが好き。品質への感動はやや薄れている

この背面の姿というか質感は結構好きです。色は断然スペースグレー派。この色が無かったら買って無かったかもしれません。作りは確かに良いんですけど、これで驚かなくなったのは完全にXiaomiのせいですね。

no image
Xiaomi Redmi Note 5 | Snapdragon636搭載!カメラが大幅に強化されたハイコスパスマホ開封レビュー

続きを見る

Xiaomiのアルミ品質とそれを削る技術は本当に高いです。背面だけ見たらApple製品か見分けがつきませんよ。Xiaomiを中華スマホと馬鹿にしてる人は一度その後ろ姿を見てみやがれ!

iPad mini 5のカメラ

カメラは当然シングルレンズ

iPadにデュアルレンズカメラが搭載されるというのは想像がつきません。普段これで写真を撮ることはほぼ無いと思うのでどうでも良いんですけど。部屋の中を軽く撮ったらまあそれなりの写真は撮れてます。

撮った写真確認してたらiPad mini 5で撮ってない写真が出てきて『うあ!!』ってなったんですけど、最初にiPhoneと同期かけたからですね・・・慣れてないって恐ろしい。

iPad mini 5の対応コネクタやスピーカー音質

イヤフォンジャック搭載で動画視聴の際はイヤフォンで聞ける

まあ・・・言ってもタブレットなんで、イヤフォンさして音楽聴いたりっていうのはあんまりしないと思いますけど、用途としては動画の方かなーと。ノマド的に使ってる時にちょっと疲れたから映画でも見るか!なんて時には結構ついてて便利だと思います。

スピーカーはステレオ仕様。音質も中々よい

音質の確認をしようとしたら、関連動画に出てきたサンドウィッチマンのライブ動画を15分間見てしまいました。肝心の音質はというと、iPhoneとは比較にならないレベルに良いです。

前に使ってたHuaweiのM3はスピーカーに音質に力を入れてるので有名だったんですけど、個人的にはiPad mini 5のスピーカー音が好きかも。アルミに響き渡ってる感じの音響が心地よし。

ジャズとかオススメですね。音が心地良くて眠くなってきた・・・

コネクタはApple製品汎用のLightning。最新のUSB-Cではない

iPad ProはLightningからUSB-Cへと進化を遂げましたが、形状もほぼ変わってないiPad mini 5がコネクタだけ進化するのは考えにくい話。

Lightningコネクタだってまだ純正品が山の様に残ってるはずですしね。メインのスマホはAndroidでUSB-C(Type-C)なので、充電コネクタを統一できないのは使ってる方からしたら本当に不便なんだが。

iPad mini 5はiPad mini 4よりマイク感度が上がってるはず

マイク位置はiPad mini 4から移動している

ケースを購入する時に色々と調べて分かったこと。その一つがマイク位置の移動でした。元々左端にあったのが中央に移動してます。テレビ通話で使うのがメインになると思うので、確かにこっちの方が集音しやすそう。

iPad mini 5には昔からの加工技術が蓄積されている

元祖アルミボディのApple製品。技術は日進月歩だが安定性は抜群

触った時の質感が非常に柔らかく滑らかです。角の部分もかなり丁寧に加工されています。加工技術は前述した通りXiaomiに然り、各メーカーがどんどんスキルを上げています。

なのでそこまで大きな違いは無いかもしれませんが、やはり元祖アルミボディ。安定してます。

iPad mini 5には当然リンゴマークがついている

リンゴマークに憧れる人は未だに発展途上国でも多し

Apple製品であることの証。インドやアフリカ地域では、型落ちしたiPhoneを求める人が山のようにいるとか。このリンゴマークにあこがれている人が沢山いるということですね。

ブランド戦略としてはうまいと思いますが、私にはまったくもって理解できま・・・。おっと。しかしこのロゴマークに勝てるデザインを提供できるメーカーは未だにゼロ。それだけロゴとして完成度が高いというのは認めます。

 

iPad mini 5の重さはスマホ慣れしてる人には正直しんどい

スマホの代わりはしんどいがノートパソコンの代わりなら超快適

Honor Note 10を使ってた時には感じなかった『重い』という感覚。実際に重さを測ってみるとやはりそれなりに重いです。『326g』ってもう少しどうにかならんのか・・・iPad Proとかどれだけ重いんだよ。手に持って使ってる人凄いです。

私の場合はスタンドさせてノマド用途がメインになると思うので、ノートパソコンと比較したら『断然軽い』という評価になりますが。

iPad mini 5を開封してみてどう思ったか?

新品のApple製品を買ったのは7年くらい前か。Mac Book Proを購入して依頼です。ディスプレイのコーディングが剥がれるという初期不良に当たり、二度と買わねえと心に誓っていたのに、ついに買ってしまいました。

何か不具合が出たらもれなく晒してやるからな!

今のところ重量は重いですけど動作は非常に軽快。流石『A12 Bionic』。このSocが搭載されなかったら悩む余地もゼロでした。体感的にはスナドラ845を搭載してるPocophone F1より軽いですね。これは素晴らしい。

次回は暑さでこのままへばらなければ、Android端末でも行っているベンチマークテストを行いたいと思います。お楽しみに~

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Xiaomi Mi Note 10 LiteにAndroid 11(MIUI 12)の提供が開始!

カメラセンサーに『ZenFone 7』と同じIMX 686を採用し、6,400万画素の超高解像度撮影に対応するハイミッドレンジモデル『Xiaomi Mi Note 10 Lite』。MIUIのバージョ ...

イタリアでTCL 10 LiteにAndroid 11へのアップデートが提供開始!高品質な激安高容量モデルにサプライズ!

ミッドレンジ市場では珍しいメモリ6GB、ストレージ128GBの大容量モデル『TCL 10 Lite』。 ディスプレイメーカーが作っているのでディスプレイ品質がとても高く、カメラや筐体もしっかり作り込ま ...

Exynos 2100のGeekbenchスコアはSnapdragon888と同等もしくはやや下回る結果。不安定さも露呈

精度の高い情報を提供し続けているIce universeは、自身のTwitterにGeekbench 5で計測したExynos 2100のスコアを投稿。計測に利用した端末は、型番がSM-G998Nにな ...

OnePlus BandをXiaomi Mi Band 5、Amazfit Band 5、Honor Band 6と比較

OnePlusがはじめてリリースしたスマートバンド『OnePlus Band』。専用アプリ『OnePlus Health』が用意され、価格は2,499ルピー(3,550円程度)。 しかしすでに市場には ...

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.