Huaweiがウェアラブル市場で前年比228%と急伸。Appleは49.5%に鈍化

投稿日:

Pocket

IDC(インターネットデータセンター)のデータによると、今年の第1四半期におけるウェアラブル機器の出荷台数は、一部の企業で大幅に増加。

『Apple』が依然としてナンバー1をキープしていますが、『Xiaomi』と『Huawei』がそれを猛追。

Huaweiに関しては逆風吹き荒れる中、前年比で282.2%という強い伸びを記録。対照的にAplleの伸びは49.5%と鈍化しています。

現時点でHuaweiのウェアラブルデバイスにおける世界市場のシェアは10%程度。Apple(26%)、Xiaomi(13%)に次ぎ第3位。

また、Huaweiの次に高い成長率を誇るのが韓国のGalaxyで前年比で152%成長。Galaxy S10シリーズの売上も好調で、全体的に好調を維持しています。

第1四半期、ウェアラブル端末の出荷台数は5,000万台程度。その内Appleは1280万台。Xiaomiが660万台。Huaweiが500万台を出荷しています。前年比の成長率を鑑みると、HuaweiがXiaomiを捉えるのは時間の問題かもしれません。

しかしXiaomiも『Mi Band4』といった爆発力のある製品のリリースを控えていることから、デッドヒートが繰り広げられることになるでしょう。

Xiaomi Mi Band 4の実機画像がリーク!NFCやAIにも対応するらしい

続きを見る

HuaweiとXiaomiのシェアを合わせればすでにAppleと同等。このまま逃げ切る事ができるのか!

合わせて読みたい関連記事はコチラかも

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.