Huaweiがアフリカ連合と協力体制へ。6億6千万人をロックオン

投稿日:

Pocket

中国メディア『新華社通信』の報道によると、Huaweiがアフリカ連合(AU)と『ブロードバンド』『IoT』『クラウドコンピューティング』『5G』『AI』の分野において契約の前段階にあたる覚書(Mou)を交わしたとのこと。この協力体制により、アフリカ連合はICT(情報通信技術)の発展を加速させます。

ICT分野はアフリカにおいてはまだまだ成長過程の分野。そこに注力することで新たな雇用機会の創出にも繋がります。以前Kai OSの記事でも紹介した通り、この地域ではスマートフォンを持ってない人がまだまだ沢山います。

15億人の市場を持つ『Kai OS』の未来が明るすぎ。HuaweiがOS発表する前に第3のモバイルOSは誕生していた

Huawei nova lite 3はフルディスプレイデザインにKirin 710搭載!国内最強コスパスマホ投入で風評被害をぶっとばせ!Huawei Mate20Liteは『撮る』『動く』『整理する』 ...

続きを見る

言い換えればビジネスチャンスの宝庫。国の活性化がそのまま企業の利益へと繋がります。現在はスマートフォンの一歩前、スマートフィーチャーフォンが流行っているアフリカ市場。しかしグローバルモバイルテレコミュニケーションシステム協会の予想によると、2023までにはスマートフォンの普及率が50%に達するとのこと。

つまりHuaweiがアフリカ連合と協力体制を得ることは、将来的に発生する莫大な利益を保証されることに。インド、アフリカ市場は各メーカーがユーザーの争奪戦を繰り広げている状況なので、今回の報道はライバルたちを驚かせていることでしょう。

そしてこの覚書はHuaweiが最近交わした取引の一つにすぎません。アメリカの牽制が入る中においても、多くの開発途上地域は依然としてHuaweiの製品を使い続けます。アメリカの製品と比較して、圧倒的に価格が安いのがその理由。日本企業もそういったところが多いでしょう。

無理矢理Huaweiとの取引を停止させて自国の利益を上げたいのは分かりますが、それならまず、ユーザーが欲しいと思えるまで価格を下げるのが本来先の筈。

品質が同等だったらコスパ高い方を選ぶのが当たり前。それは『人』も『国』も。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.