Xiaomiがスマートウォッチ市場でAppleを抜き『世界一』に!

日本では非対応ですが、世界ではNFCによる決済が可能なので、スマートウォッチをはじめとしたウェアラブル端末の売り上げが爆発的に伸びています。その中でもシェアを拡大し続けているのがXiaomi。

IDC(インターネットデータセンター)が公表しているウェアラブル市場(スマートウォッチ)の統計において、10.7%のシェアを獲得。

2019年第一四半期に、Xiaomiはウェアラブル端末530万台を出荷。前年同月比で43.6%の伸びを記録。見事世界第1位に輝きました。一方、Appleは前年同月比が振るわず、14.8%の伸びで出荷台数は460万台。

世界第2位。そして第3位には、毎日様々な内容でニュースに登場するHuawei。各企業が取引を停止する中で前年比213%を記録。出荷台数は390万台で第2位のAppleに猛追しています。

4位には290万台を出荷したFitbit、続いて200万台出荷のSamsungと続きます。

Xiaomiがウェアラブル市場でAppleを倒したのははじめてではありません。2018年第三四半期にもXiaomiが世界一に。その時はXiaomiのMi Band 3が爆発的ヒットを記録しました。

最も、今回の統計はApplewatchのみのデータが扱われており、価格差のあるXiaomiに対しては不利な状況に。売上高ではまだAppleがかなり優勢ということでしょう。

しかし、ウェアラブルを流通させれば、おのずとスマートフォンも同じブランドで揃えたくなります。間もなくMi Band 3の後継機種となるMi Band 4も発売。カラーディスプレイにNFCも搭載されるとのこと。

Xiaomi Mi Band 4の実機画像がリーク!NFCやAIにも対応するらしい

続きを見る

今度はどこまでシェアを広げることが出来るのか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Mi Band 3, Xiaomi Mi Band 4, カテゴリー, スマートフォン
-, , , , ,