間もなくAsusのZenfoneシリーズがインド市場から消される

投稿日:

Pocket

日本でもしっかりと浸透しているASUSの『Zenfone』シリーズ。これから更なる発展が期待されるインド市場でまさかの発売停止です。

こんなに素晴らしいフラッグシップ機をリリースしたばかりなのにまぢか!?ASUS。

ASUS Zenfone 6のフリップカメラが凄すぎる!前後切り替えに加え自動追尾やフリーアングル撮影機能まで!

Zenfoe 6、ただの『6Z』になるAsus Zenfone 6のスコアがAntutuとGeekbenchに登場!Snapdragon855搭載でリリース間近か!ASUS Zenfone 6が『DX ...

続きを見る

インド市場からの撤退と言えば、SONYのXperiaシリーズを思い出します。SONYの場合は製品を市場に合わせられなかった事による撤退でしたが、ASUSの場合は違います。

Sony Mobileが今後最大の成長マーケット、インドから撤退

SONY PS VITAがついに生産終了へ!SONYから発売中のE-ink電子ペーパー、DTPシリーズに10インチが新登場!家電量販店で『Xperia 1』と『AQUOS R3』をチラ見してきたXpe ...

続きを見る

発売停止の原因になったのは『ZEN』及び『ZENMOBILE』という商標が別の会社(Telecare Network社)によってすでに取られていたから。

日本では技適とりわすれでリコールに発展したASUS。この辺り下調べちゃんとしておきましょうよ・・・。馬鹿なのか!?そもそもエイスースって呼びづれえんだよ!

日本で回収されたAsus ZenFone Max Pro M2がAndroid 9.0 Pieにアップデート!しかもインドでは驚きの激安価格!

Asus Zenfone 6のスコアがAntutuとGeekbenchに登場!Snapdragon855搭載でリリース間近か!Xiaomi Mi 8 SE とZenfone 5 最強のミドルハイスペッ ...

続きを見る

そしてTelecare Network社はよりによってスマートフォンを取り扱っている競合。品質や企業の大きさで言えば間違いなくASUSが勝っているはずですが、インド市場ではそんなこと関係ありません。

Telecare Network社の提訴により、7月23日からASUSはZenまたはZenfoneブランドの販売、提供および広告の全てを禁止されます。

7月10日に再審が行われるので最後のチャンスは残されていますが、その判決次第でインド市場での未来は絶たれます。

よく国によってモデル名が変わったりしますけど、こういった大人の事情も考慮されているのか?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.