Samsung『Galaxy M40』は鉄板のミッドレンジ!スナドラ675にトリプルレンズ搭載で間もなくリリース

Pocket
Facebook にシェア


Huaweiの失速で勢いにのるSamsungのGalaxy。さらに勢いを強めそうなとっても魅力的なニューモデル『Galaxy M40』の情報がリークされました。

Mukul Sharma on Twitter

There you go. These are the full specifications of the Samsung Galaxy M40 (some of them might change, but the source is almost correct all the time) #samsung #samsunggalaxym40 #GalaxyM40

Galaxy M40は6.3インチのインフィニティー有機ELディスプレイを採用。有機ELはSamsungが開発してるので、Galaxy端末では液晶の方が珍しい感じ。廉価モデルにも有機ELが採用されています。とても贅沢ですよね。

パンチホール式フロントカメラを採用しているので高いディスプレイ占有率を誇ります。解像度は1080×2340でフルHD+です。

そしてSocの選択が素晴らしい。Snapdragon675を採用。Antutuのトータルベンチマークスコアが17万を超えるハイミッドレンジ向けの高性能Socです。

基本的にGalaxyのMシリーズには自社のExynosが使われているので、Snapdragonシリーズの搭載は何気に初です。

4GB/64GBモデルに加え6GB/128GBモデルいうガッツリスペックも登場。最近のGalaxyは攻めてる感じが伝わってきます。

有機ELディスプレイを採用するメーカーが増え、特需もかなり受けているはず。Huawei特需も加わり決算は素晴らしい数字を出すでしょう。

製品力を高める余裕があるのでしょう。バッテリー容量は3,500mAhと普通サイズですが、有機ELに最新Socの組み合わせなので想像以上に電池は持ちます。

また、カメラも当然のようにトリプルレンズ。3200万画素のメインレンズはF値1.7とフラッグシップモデル並みの明るさ。セカンドレンズは800万画素で123°の超広角撮影に対応。サードレンズは500万画素で深度センサー搭載。

デュアルカメラの時もそうでしたが、最初は感動するも徐々にその感動は薄れていきます。

私はトリプルレンズのMi 9を所有していますが、箱から出していたいのでまだトリプル未体験です。3つ目ってやっぱり綺麗なのぉ?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.