Google『Huaweiへのアップデートを止めないで』。トランプへの悲痛な叫び

投稿日:

Pocket

Financial Timesの新しいレポートによると、Googleはトランプ政権に対して、アメリカの国家安全保障の名の下、Huaweiにアップデートを提供し続ける必要があるとの意見を伝えようとしています。

Googleは他のアメリカ企業と同様に、Huaweiとの取引を禁止されています。そして今後もこの状況は長く続くでしょう。

そして8月19日にはHuawei端末へのアップデートが停止されます。

Huaweiの電話はすでにアメリカで取り扱いを禁止していますが、AndroidをベースにしてHuaweiが開発したハイブリッドOS、『EMUI』を搭載した端末はまだ世界中で販売、利用されています。

そのEMUI搭載端末が、今後深刻な脅威になるであろうとGoogleは主張します。

1.Googleが提供するサービスで最も重要なのはプロテクト機能

Huaweiの端末は今後Googleのアップデートが行われなくなる。Googleが提供するサービスで最も重要なのは『Google Play Protect』。

ユーザーがGoogle Playからアプリをダウンロードする時にはこのGoogle Play Protectが作動。

『マルウェア』『ウイルス』『セキュリティに対する脅威』を自動的にスキャンすることで安全性を確保している。

2.Huaweiへのアップデートが停止したらEMUIが危険な状態に

Googleのアップデートが停止したEMUIを搭載するHuawei端末は、安全性が弱まりハッキングの対象となります。

3.アメリカや他の国でHuawei端末を使っている人の情報が漏洩

アメリカでHuawei端末を使っている人もハッキングの対象となり、情報が外部に漏洩する恐れがあります。多くの人は自分の情報が外部に漏れていることは気づきません。

4.国家の安全を守るためにアップデートの提供を続けたい

アメリカの国家安全を守る為にもHuaweiにアップデートを提供し続ける必要がある。

トランプ政権はアメリカからの情報漏洩を止めようとHuaweiとの取引を停止したにも関わらず、逆にそのことによって世界各地で情報が漏洩しようとしている悲惨な状況。少し考えれば分かることでした。

Googleの訴えがトランプ政権に届くかどうかはまだわかりません。

しかし国家の安全を守る筈が、逆に危険に脅かす可能性が増し、結果的にGoogleを苦しめることに。さらに国益重視の筈がHuaweiと取引していた企業は軒並み大打撃を受けている状態に。

今回のGoogleの嘆きが他のアメリカ企業の意見を代弁しているようにも聞こえます。本当にこのままで良いのか?カツラのトランプよ。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.