HTCが6月11日にスナドラ710搭載『U19e』をリリース

Pocket
Facebook にシェア

GoogleのPixelシリーズをつくっているのは台湾企業のHTC。自社のスマートフォン事業は赤字状態であることがかなり前から報道されています。

今年のはじめにブロックチェーンに対応したスマートフォン『Exodus 1s』をリリースしており、今年の後半に発売開始予定。

自社端末はそっち方面にシフトしていくのかと思いきや、普通のスマホも出すみたいです。HTCファンは一安心。

HTCは6月11日にニューモデルのリリースを行うと公式に告知。モデル名は『HTC U19e』。

リークされている情報によると、HTC U19eは6インチのフルHD+解像度ディスプレイを備え、CPUにはSnapdragon710を搭載。Antutuに登場したトータルベンチマークでは『169,617』のスコアを記録しています。メモリー6GB/ストレージ128GBと、スペック的にはちょっと良さげなミッドレンジといった印象です。

品質の高さに定評はあるものの中々販売台数を伸ばせないHTC。ASUSにも言えることですが、やはりモノを作ることと売り込むことは全く別次元。

まともなマーケティング会社を使えばさらに売り上げを伸ばせそうな気もしますが、まあそれだけでは無いのでしょうね。ASUSの場合はたまに自滅してますし・・・

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.