Huawei『さよならアメリカ。よろしくねロシア。』ロシア最大の通信会社MTSと5G契約を締結

投稿日:

Pocket

Huaweiが先日、モスクワに拠点を構える『VOCORD』の顔認証技術を買収しました。買収にかかった費用は5,000万ドル程度。Huaweiがこの分野にどれほど注力しているのかよく分かる金額です。

Вокорд on Twitter

Вокорд представляет VOCORD https://t.co/49rTsRMhT0 - первую в мире камеру со встроенным распознаванием лиц https://t.co/GB0XaLUrwd

さらに、Huaweiはロシア最大の電気通信会社MTSと契約を結び、2020年にはロシアで5Gネットワークの開発を開始予定。

この契約は、Huaweiの会長である『Guo Ping』と、MTSの社長『Alexey Kornya』によって交わされている。MTSは『2019年~2020年にかけて5G技術を開発し、5Gネットワークを試験運用する』と述べています。

さらにHuaweiのGuo Ping氏は『5Gのような戦略的かつ重要な分野でMTSと合意に至ったことを、非常に嬉しく思っている。Huaweiは5G分野で16,000以上の特許を保有。この特許数は世界一です。我々はMTSとの共同開発により、ロシアの5G環境を整備していく。』と発言。ロシアと中国ガッチリですね。

ロシアとHuaweiが強い信頼関係にあることは明らか。アメリカとの対立関係を考えれば、今回の動きも妥当なものと言えるでしょう。今後Huweiはロシアとの関係をさらに強めていく可能性が高いです。まあ誰もが予測できること。自然な流れですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.