Google『Stadia』がドラゴンボールと共に本性を現した

Pocket
Facebook にシェア

Googleは6月6日、世界最大級のゲームイベント『E3』の中で、ついにGoogleが展開するクラウド型ゲームサービス『Stadia』の詳細を明らかにしました。

Stadia Connect 6.6.2019 - Pricing, Game Reveals, Launch Info & More

Welcome to Stadia Connect, a series that gives you a look at Stadia news, events, new games, bonus features & more. In our first ever #StadiaConnect, we revealed the first wave of games available at launch, pricing details as well as information on how you can become one of the first Stadia players.

Stadiaは3月にリリースされ、ゲーム業界を騒然とさせるも、そこから詳細な情報が中々得られていませんでした。

今回の発表を心待ちにしていた人が世界中には沢山いるはず!サービス内容詳細や開始時期、価格などに関する詳細はこうだ!

最初にサービスが提供される国に日本は含まれていない

まず,、サービスが開始される国は14か国。イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド、オランダ、アメリカ、ベルギー、スペイン、ノルウェー、カナタ、ドイツ、フィンランド、デンマーク、イタリアとなっています。ずるい・・・。他の国への対応は2020年以降。

最初に対応するスマートフォンはPixel 3シリーズのみ

Googleファーストの発動です。当然自社端末が優遇されますよね。一番最初にStadiaに対応するスマートフォンは『Pixel 3』『Pixel 3 XL』『Pixel 3a』『Pixel 3a XL』

究極のゲーマーに向けたスペシャルプランは有料

4K解像度の60fps、さらにHDRへの対応や5.1chのサポートなど、ある程度の機材を揃えなければ意味のない『Stadia Pro』プランは月額9.99ドル

上記以外にも無料で遊べるゲームが用意されていたり、ゲームソフトを安く買えるなどの特典がついてきます。超ゲーマーにとっては入っておいて損のないプランとなりそうです。

4K解像度』『5.1ch』『HDR』のスペシャルな環境で遊ぶためのインターネット接続速度は『35Mbps』程度。家で光回線を使っている人の中で、回線速度が35Mbpsを下回っている人は殆どいないでしょう。今後5Gへと移行すれば速度はさらに改善されます。でもそのころには8Kか!?

さらにモバイル向けのHD画質の場合は10Mbps程度の回線速度でOK。『最低速度10Mbpsでつなぎ放題プラン』が超絶流行りそうですね!

ゲーマーの心をくすぐるリーズナブルな『限定版』もしっかり用意

回線さえ整備されていればすぐにでもStadiaが使える全部入りな『the Stadia Founder's Edition』を用意。限定価格は129ドル。セット内容はこうだあ!

ゲームコントローラー 69ドル

GoogleStadiaでゲームをする為に開発した専用コントローラー。テレビやパソコンでゲームをする時必要になります。普通に購入すると69ドルと中々のお値段。Googleアシスタントにも対応するらしい。

Chromecast Ultra 70ドル

4K 出力に対応したChromecastの上位モデル。テレビが4K解像度の場合はぜひ購入しておきたいガジェットの一つ。Stadia Proに登録する人にとっても必須ですね!

『Stadia Pro』3ヶ月間無料体験 30ドル

前述したゲーマーに向けたスペシャルプランが3ヶ月間も無料に!9.99ドル×3なんで3,000円以上の価値あり。ここでハマってしまったら通常プランには戻れなくなりそうな予感。

デスティニー2 50ドル

プレステ4でもリリースされている大人気アクションRPG。さらに最新拡張コンテンツのシーズンパスがついてくるというのだからお得感高いです。

ユーザーネームを最初に決められる権利 無限の価値

これ、本気ゲーマーだったら一番重要視するんじゃないでしょうか。人気の出そうな名前は直ぐに登録されて、名前の後に番号が続く感じに。番号がなくて名前だけ!オンラインゲームでは注目されること間違いなし!

 

合計金額を見ると絶対に欲しくなるお得さ。日本正式リリースの頃にも同じ価格で買えるのだろうか?そもそもユーザーネームを最初に決められる価値は無くなっている・・・

 

有料プランなし、限定セットなしでもStadiaは遊べる

コントローラーやChromecast ULTRAが無くても、Stadia Proに加入しなくても、課金なしの状態でStadiaは使えます。

ただし、そのためにはStadiaが遊べるデバイスやインターネット接続環境を用意し、ゲームをそれぞれ単体で購入することに。その場合は『Stadia Base』という利用形態に。

Stadia Proに加入するとゲームの割引が受けられるので、沢山購入する月は加入した方がお得になるかも!?

また、Stadia Baseの制限として、解像度は『フルHD』まで、『5.1ch』は使えません。今のゲーム環境に慣れている人からしたら、特にそれでも不満は出なそうです。ちなみにStadia Baseの提供も2020年から

今回発表されたStadia対応一番乗りのゲームたちはコレだ!

 

 

ドラゴンボール ゼノバース2

ドラゴンボール・・・Stadiaと共に日本のアニメがゲーム界の歴史に名を刻みます。すげえ。

 

 

DOOM Eternal

 

 

DOOM 2016

 

 

Rage 2

 

 

The Elder Scrolls Online

 

Wolfenstein: Youngblood

 

 

デスティニー2

 

Get Packed

 

 

GRID - Codemasters

 

 

Metro Exodus

 

 

Thumper

 

 

Farming Simulator 19

 

 

Baldur's Gate 3

 

 

Power Rangers: Battle for the Grid

 

 

Football Manager

 

 

Samurai Showdown

 

 

Final Fantasy XV

 

 

Tomb Raider Definitive Edition

 

 

Rise of the Tomb Raider

 

Shadow of the Tomb Raider

 

NBA 2K

 

Borderlands 3

 

Gylt

 

Mortal Kombat 11

 

Darksiders Genesis

 

Assassin's Creed Odyssey

 

Just Dance

 

Tom Clancy's Ghost Recon: Breakpoint

 

Tom Clancy's The Division 2

 

Trials Rising

 

The Crew 2

 

ゲームってリアルさが増せば増すほど暗い雰囲気になってくると感じるのは私だけでしょうか・・・もちろん内容によると思いますけど!しかし来年には対応国が増えるとのことなので、日本参入も期待したいところ!

そこまでゲームに興味がない人でも、一度Stadiaの別次元を体験したら虜になってしまうかもしれません。

やはり低ペックなスマホでバリバリハイスペックゲームが動くという奇妙な状況は慣れるのに時間がかかりそうです。いや!慣れずにずっと感動していたいぃ!!

スマホ市場も確実に何かが大きく変わるでしょう。私はスタミナスマホごり押しです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.