Huawei OSが世界各国で商標申請中

Pocket

Huaweiが開発中の独自OSは、地域に合わせて様々な名称が用意されています。『HongMeng』『Ark』『Oak』。商標の申請は中国においては2018年の8月上旬にすでに行われていて、今年の5月14日に承認されました。

さらにHuaweiは、中国以外の各国でもOSの商標を申請しています。

『カナダ』『メキシコ』『スペイン』『韓国』『オーストラリア』『ニュージーランド』『ペルー』『トルコ』『フィリピン』『ヨーロッパ諸国』など。

Huaweiの独自OS『中国はhongMeng』『グローバルはARK』

続きを見る

さらにこれまでの『EMUI』と大きく違うのは、OSがサポートするのはスマートフォンやタブレットだけではなく、『ラップトップ』『車』『テレビ』『スマートウォッチ』『ウェアラブル』およびその他IoT機器など多岐に渡るということ。

AndroidやiOSのような相互連携が期待でき、自社開発製品によるエコシステムの構築も容易になります。

AndroidのハイブリッドOSとなる『EMUI』のアップデートを打ち切ることで、セキュリティに虚弱性が生まれ、アメリカを含む世界の既存ユーザーが危機にさらされると予想するGoogle。

トランプに直接、Huaweiへのアップデートを直訴する事態に発展しています。

Google『Huaweiへのアップデートを止めないで』。トランプへの悲痛な叫び

続きを見る

逆にEMUIを踏み台として新たなステージに進もうとしているHuawei。最新フラッグシップモデル『Mate 30』シリーズの準備も着々と進みます。

Mate 30シリーズは『ARK OS』に『Kirin 985』で9月22日にリリースか

続きを見る

どちらの企業にとっても厳しい状況が続きますが、先に窮地を脱する事ができるのはどっちだ!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.