Huawei OSが世界各国で商標申請中

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiが開発中の独自OSは、地域に合わせて様々な名称が用意されています。『HongMeng』『Ark』『Oak』。商標の申請は中国においては2018年の8月上旬にすでに行われていて、今年の5月14日に承認されました。

さらにHuaweiは、中国以外の各国でもOSの商標を申請しています。

『カナダ』『メキシコ』『スペイン』『韓国』『オーストラリア』『ニュージーランド』『ペルー』『トルコ』『フィリピン』『ヨーロッパ諸国』など。

Huaweiの独自OS『中国はhongMeng』『グローバルはARK』

続きを見る

さらにこれまでの『EMUI』と大きく違うのは、OSがサポートするのはスマートフォンやタブレットだけではなく、『ラップトップ』『車』『テレビ』『スマートウォッチ』『ウェアラブル』およびその他IoT機器など多岐に渡るということ。

AndroidやiOSのような相互連携が期待でき、自社開発製品によるエコシステムの構築も容易になります。

AndroidのハイブリッドOSとなる『EMUI』のアップデートを打ち切ることで、セキュリティに虚弱性が生まれ、アメリカを含む世界の既存ユーザーが危機にさらされると予想するGoogle。

トランプに直接、Huaweiへのアップデートを直訴する事態に発展しています。

Google『Huaweiへのアップデートを止めないで』。トランプへの悲痛な叫び

続きを見る

逆にEMUIを踏み台として新たなステージに進もうとしているHuawei。最新フラッグシップモデル『Mate 30』シリーズの準備も着々と進みます。

Mate 30シリーズは『ARK OS』に『Kirin 985』で9月22日にリリースか

続きを見る

どちらの企業にとっても厳しい状況が続きますが、先に窮地を脱する事ができるのはどっちだ!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.