Vivo『iQOO』31,000mから落下する

投稿日:

Pocket

中国メーカーVivoが3月にリリースしたフラッグシップモデル『iQOO』。そのiQOOがスカイダイビングを披露しました。

工業用の気球に乗せられたiQOOはSnapdrgon855を搭載した最強モデル。画面は6.41インチと大きめで、フラッグシップモデルらしく有機ELが採用されています。

Vivo iQOO Official Promo

Know More at https://sparrowsnews.com/2019/03/01/vivo-iqoo-gaming-phone-released-equipped-with-snapdragon-855/

電池容量は4,000mAhと最適サイズ。44Wの超急速充電もサポート。

Vivo iqoo Battery Charging Speed Test

Vivo iqoo Battery Charging Speed Test on English . How is It This Review Guy's ? Like This video and Subscribe My Channel @tech4Girls .

ディスプレイ内に埋め込まれたVivoお得意の指紋認証はすでに第6世代。ハードウェア性能とアルゴリズムをフルに活かし、ロック精度と共に解除スピードを高めました。

進化した技術を詰め込んだiQOOは『高度31,000m』まで上昇。システムスペックなんてどうでも良いんです。求められるのは強さのみ。

高度31,000mの気温は-56℃。普通の家電であればすでに壊れています。すでに息を引き取っている可能性も高いiQOO。しかしそんな事は関係なしに

iQOO!!!いきまあああす!!!!

高度31,000mから飛び立ちました。無慈悲すぎる・・・

落下後のiQOOの姿がコチラ。公式のWeibo内で公開されました。

ディスプレイがちゃんと表示されています。あり得ない・・・。そもそも落ちた高度が高すぎて凄さが逆にわかりづらいレベル。

気温の事も忘れてました。-56℃。から生還したって確かにものすごいですね。

トラックにひかれてもまだ!とかビルから落としても!の方が伝わりやすかったような?アリガチですけど。

とりあえずスカイダイビングする人にはiQOOがオススメ!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.