新型『Amazfit』が本日リリース!『黄山1号』によるAIシステムも採用だ!

更新日:

Pocket

6/11にXiaomiがリリースした製品は以下の通り

Xiaomi Mi Band 4は『カラー有機EL/6軸センサー搭載』で2,700円~!コレ利益出てるの?

続きを見る

Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

続きを見る

AmazFit Bip 2は『心電図搭載で命を守る時計』11,000円〜

続きを見る

XiaomiがAI対応スマートスピーカーを2モデルリリース。2,700円~

続きを見る

Mi Band 4をかざしてロック解除!Xiaomi Look Classic 2Sは超高性能なスマートロック

続きを見る

Huami Technologyの創設者で最高経営責任者のHuang Wangは、公式のWeiboにて、Huamiが開発したウェアラブル用AIチップ『黄山1号』が量産され、本日中に『AMAZFIT』の新製品がリリースされることを公表しました。

親会社となるXiaomiがリリースする『Mi Band 4』とはガチンコに。

Mi Band 4は『スマートウォッチ』に進化し本日リリース

続きを見る

黄山1号はRISC-Vアーキテクチャの使用により、クラウドコンピューティングにやるデータの遅延を回避。デバイス内においてデータの実行を可能としています。

また、AlwaysOnモジュールはセンサーデータを自動的にメモリーに転送することができ、さらにニューラルネットワークシステムの活用により演算結果を統合。高い効率化により『早い処理速度』『低い消費電力』を実現しています。

新型のAmazfitは『心電図』や『e-SIM』をサポート。素材もセラミックへと進化。Apple Watch 4の様に、人命救助を行える未来型スマートウォッチに。

最新のAMAZFITは『セラミックボディ』『心電図』『eSIM』対応でAppleWatch 4化が進む

続きを見る

価格は3万円程度と少し高めになりそうですが、Apple Watchと比較したら2万円以上安い!あーでも日本のBANDでAmazfitのe-SIMは使えるのか・・・?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.