Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

Pocket

XiaomiはMi Band 4のリリースに加え、別ラインとしてサブブランドの『Huami』からAmazfitのニューモデル『Amazfit Verge 2』と『AmazFit Bip 2』をリリースしました。

6/11にXiaomiがリリースした製品は以下の通り

Xiaomi Mi Band 4は『カラー有機EL/6軸センサー搭載』で2,700円~!コレ利益出てるの?

続きを見る

Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

XiaomiはMi Band 4のリリースに加え、別ラインとしてサブブランドの『Huami』からAmazfitのニューモデル『Amazfit Verge 2』と『AmazFit Bip 2』をリリース ...

続きを見る

AmazFit Bip 2は『心電図搭載で命を守る時計』11,000円〜

続きを見る

XiaomiがAI対応スマートスピーカーを2モデルリリース。2,700円~

続きを見る

Mi Band 4をかざしてロック解除!Xiaomi Look Classic 2Sは超高性能なスマートロック

続きを見る

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

続きを見る

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

続きを見る

スマートウォッチ業界に間違いなく大きな衝撃を与えた『Mi Band 4』のリリース。飛躍的な進化を遂げながら価格設定は現状維持。あんなことが出来るのはXiaomiだけです。最も、AmazonのFireタブレット的な立ち位置で販売しているので、『Mi Band 4単体で買うのは止めてくれ!』というのがXiaomiの本音かもしれません。

Mi Band 4の記事を書いたばかりなので、勝てるスマートウォッチは存在しねえ!というテンションでしたが、Amazfit Smartwatch 2は完全に別次元。コレはこれで絶対に欲しくなるので読んでみてください。

Amazfit Verge 2のスペック

スクリーン 1.39インチ(454 x 454ピクセル)
有機ELカラーディスプレイ、Gorilla Glass 3
プロセッサー Qualcomm Snapdragon Wear 2500
メモリー 512 MB LPDDR3
ストレージ 4GB
電池容量 420 mAh
防水防塵 IP68
寸法と重量 直径:35.4mm
厚さ:13.7mm
重さ:49g(ストラップなし)
接続 4G VoLTE(eSIM)、WiFi 802.11 b / g / n、BT 4.2、GPS + GLONASS + BDS、NFC
ソフトウェア Amazfit OS、Android 4.4およびiOS 10以上との互換性あり
コネクタとセンサー スピーカー、マイク、心電図(ECG / PPG)、加速度計、コンパス、光センサー、スポーツ、活動および睡眠追跡

Amazfit Verge 2は人工ダイヤ素材で円形の大型高解像度カラーディスプレイを搭載

Amazfit Verge 2は人工ダイヤとも呼ばれる頑丈なジルコニア(セラミック)を採用。35日間もかけて加工が行われています。Mi Band 4はプラスチック素材なので、この時点で完全に別物というカテゴライズ。

スクリーンは円形の有機EL。サイズは1.39インチと大き目です。解像度は454×454px(326ppi)とかなり高め。Applewatch 4の40mmサイズが324×394pxなので、それより優れた画質ということになります。

Amazfit Verge 2はスナドラ2500搭載で4G/LTE回線も利用可能

ガラスはMi Band 4と同じく立体的な2.5Dエッジ加工。メモリーは512MBで、ストレージには4GBのeMMCを採用。また、プロセッサには情報がリークされていたQualcomm Snapdragon Wear 3100、ではなく少し旧型のSnapdragon Wear 2500(1.1GHz)を搭載。4G及びVoLTEに対応したe-SIMもサポートする。

Amazfit Verge 2はモニタリングとGPUの統合によりルート監視が可能に

Amazfit Verge 2は『ランニング』『ウォーキング』『ランニングマシーン』『サイクリング』『サイクリングマシーン』『フットボール』『登山』『縄跳び』など10種類のスポーツモードがあり、それぞれの動きに対応。内蔵GPSがリアルタイムの軌跡、走行距離、歩幅、ペースなどの測定データを正確に記録し、運動レベルの分析、向上に役立てることが出来ます。

Amazfit Verge 2は高性能なECGセンサー内蔵

Amazfit Verge 2には正確な情報を知ることの出来る心電図機能が搭載されています。高機能なECGセンサーにより、情報の精度は97%以上。心拍に異常があった場合は素早く正確に知らせます。精度を公表している事で信頼感が高まりますね。Applewatchに搭載されたECGセンサーにより、実際に人の命が何度も救われています。

Amazfit Verge 2は大容量バッテリー搭載

バッテリー容量はMi Band 4の3倍以上となる420mAh。4G LTEに接続しっぱなしの状態で最大28時間動作。1日以上使えるということは、ECGセンサーにより健康状態は守られ、異常があった時はリアルタイムで提携病院に通知が可能という環境を得られます。

Amazfit Verge 2は豊富なアプリケーションをサポート

Amazfit Verge 2は日常のニーズに合わせた豊富なアプリケーションが充実。トラッキングにとどまらず、天気やスケジュール、音楽を聴いたりチャット内容の表示も可能。しかし問題は日本に対応したアプリがどこまであるか。そこが最重要ですね。

Amazfit Verge 2にもアベンジャーズモデルが登場

Mi Band 4でも登場したアベンジャーズモデルがAmazfit Verge 2にも。時計自体のデザインが全く違うので、雰囲気はかなり異なります。白を基調とした配色がクールですね。5000台限定。これは瞬殺でしょう。

Amazfit Verge 2の価格

Mi Band 4がおもちゃ並みの価格設定だったので、Amazfit Verge 2は時計らしくいきましょう。なんたって人工ダイヤに超高精度なECGセンサー(なしバージョンもあります)、e-SIMにも対応してるんですからね。命を守るアイテムとして、品質を高めた分価格設定も高めでよし!

Amazfit Verge 2(ECGなし):15,500円

Amazfit Verge 2(ECGあり):20,000円

Amazfit Verge 2(ECGあり/アベンジャーズモデル):23,500円

もはや苦笑いレベル。嘘でしょ~?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.