Xiaomi Mi Band 4は『カラー有機EL/6軸センサー搭載』で2,700円~!コレ利益出てるの?

Pocket
Facebook にシェア

ついにXiaomiが『Mi Band 4』をリリースしました。リークである程度の情報は得ていましたが、最後まで読んでください。中々の衝撃です。

Xiaomi Mi Band 4 Oficial: Vídeo promocional

Xiaomi presenta su nueva y opular pulsera inteligente: Xiaomi Mi Band 4. Conoce todos los detalles en www.xiaomiadictos.com

6/11にXiaomiがリリースした製品は以下の通り

Xiaomi Mi Band 4は『カラー有機EL/6軸センサー搭載』で2,700円~!コレ利益出てるの?

ついにXiaomiが『Mi Band 4』をリリースしました。リークである程度の情報は得ていましたが、最後まで読んでください。中々の衝撃です。 Xiaomi Mi Band 4 Oficial: Ví ...

続きを見る

Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

続きを見る

AmazFit Bip 2は『心電図搭載で命を守る時計』11,000円〜

続きを見る

XiaomiがAI対応スマートスピーカーを2モデルリリース。2,700円~

続きを見る

Mi Band 4をかざしてロック解除!Xiaomi Look Classic 2Sは超高性能なスマートロック

続きを見る

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

続きを見る

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

続きを見る

 

Xiaomi Mi Band 4スペック

小米科技Mi Band 4
寸法
重量
ND
ND
スクリーン 有機ELカラーディスプレイ
0.95インチ
240×120px
電池容量 135mAh(最大連続駆動時間:20日)
センサー 加速度計(ADI)、6軸重力センサー、心拍センサー
防水性能 5気圧防水、耐水深度50m
接続 Bluetooth5.0
NFC
価格 2,700円程度(NFCなし)
3,600円程度(NFCあり)

Mi Band 4の詳細について

Mi Band 4のディスプレイはカラー&大型化

ディスプレイの大きさはMi Band 3と比較して39.9%拡大。さらに有機ELのカラーディスプレイ(0.95インチ)を採用し、画面内に最大21文字を表示することが可能に。ガラスには操作しやすさ、安全面に配慮して2.5Dエッジ加工が施されています。

Mi Band 4は電池容量が増えてセンサーも高性能化

ディスプレイが大型化してカラーになった事で消費電力はアップしています。しかしMi Band 4は電池容量を135mAhまで増量。最大連続駆動時間は20日間に及び、正確にモニタリングする為に重要となる連続駆動時間をしっかり長めにキープしています。

高精度な6軸重力センサーは日常的な動きに加え、『ジム』『トレッドミル』『サイクリング』『ランニング』といったスポーツを正確にモニタリング。数値が正確になることでこれまで以上に体を動かす事が楽しくなります。

Mi Band 4は水泳に最適。超細かいデータが採れる

防水性能は5気圧防水に対応。耐水深度は50mと、ダイビングの時でも着けっぱなしが可能です。通常の生活防水とはここが大きく違います。また、防水性能を活かして泳いだ距離もしっかり計測。どんな泳ぎ方でも正確に測ります。

泳いだ計測データは『運動時間』『運動の種類』『移動距離』『カロリー消費量』『最高速度』など12種類に分類され、まるで専用トレーナーをつけたかのように、本格的なデータ取得が可能に。データが視覚化される事でアスリート気分を味わう事ができ、トレーニングにもさらに身が入ります。

Mi Band 4は手元で全てをコントロール。音声操作にも対応

Mi Band 4はより正確な心拍センサーを手に入れただけでなく、手首を上げて言葉を発する事でエアコンの電源をONにする事も可能。つまり音声コマンドもサポートしました。電気をつけたりテレビを消したり。Xiaomiのエコシステムと完全同期。未来です。

また、これは特に珍しくもない機能ですが、音楽のコントロールにも対応しています。そういえばMi Band 3は非対応だったような?スマートウォッチとしては当たり前の機能でも、スマートバンドとしてはかなり優秀です。スマートフォンをカバンから取り出す手間が省けます。

Mi Band 4はNFCによる決済に対応

Mi Band 4には前モデルと同様にNFC機能搭載モデルが存在します。支払い先がMi Payに対応していれば、クレジットカード不要で代金の支払いが可能です。日本では無理ですね。残念すぎる。

Mi Band 4には77種類のカスタマイズテーマが用意

16,000色の表示が可能な有機ELカラーディスプレイにより、時間やデータの表示方法はカスタマイズが可能になりました。Mi Band 3では『情報が見られればそれで良い』レベルでしたが、Mi Band 4ではそれが根本から変わっています。画面の雰囲気を変えられるカスタマイズテーマは77種類も用意。コレApple watchより気合入ってませんか!?

 

Mi Band 4に大人気シリーズアベンジャーズモデルが登場

通常モデル以外に、大人気シリーズ『アベンジャーズ』をモチーフにした専用モデルが登場!通常モデルと同時リリースとはかなりのインパクト。『アイアンマンのヘルメット』『キャプテンアメリカの盾』『アベンジャーズロゴ』といった3つのモチーフが用意され、専用BOXに入っての発売です。これはプレミアつくのでは!?

Mi Band 4はリークより安すぎる価格設定

有機ELのカラーディスプレイになりテーマは77種類も用意。センサーも精度を上げて6軸になり、より細かいモニタリングが可能に。50mの耐深に対応する本格的な防水機能。音声コントロール機能までついてる。5,000円超えたって誰も文句言うはずの無いハイスペックです。Mi Band 4の価格はコチラ。

Mi Band 4(通常モデル):2,700円程度

Mi Band 4(NFC搭載モデル):3,600円程度

夢でも見てるんでしょうか・・・。コレ、欲しくない人がいるとしたら、そっちの方がちょっと不思議なレベルです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.