ハイパーガジェットチャンネル

『HTC Desire 19+』は高いけど『HTC U19e』よりは面白い

Pocket

久しぶりにリリースしたミッドレンジモデルがイマイチだったので酷評した『HTC U19e』。

HTC U19eは高すぎミッドレンジ。なぜ出した

続きを見る

同時にリリースされたのが『HTC Desire 19+』です。

HTC Desire 19+のディスプレイ解像度はHD+。肩の力が抜けた感じが悪くないです。ディスプレイサイズはU19eより大き目の6.2インチ。通常解像度を下げるのであれば画面は小型化すべきですし、逆に画質や音響に拘ったのであれば大型化すべき。つまりU19eとDesire 19+の画面サイズ、私からすると逆ですね。

というかイメージ画像から見ると全面ディスプレイのようですが、しっかり水滴型のノッチが存在しています。

HD+解像度でポップアップカメラなのか?と推測しましたが、そもそもが違うという。こういう紛らわしい画像表現止めた方が良いですね。

本当はこうなんですから。

しかしHTCの場合、水滴ノッチすら初めての搭載なので、画面占有率はこれまででNo1だそうです。何とも微妙だな・・・

 

Socにはミッドレンジ向けに作られたメディアテック社のHelio P35を搭載。同じSocを搭載したMi PlayのAntutuトータルスコアが83,000程度なので、大体同じ程度のスコアでしょう。

現状だと1万台前半のミドルレンジでもAntutuのトータルスコアは10万超えてくるので、やや貧弱と言えば貧弱。

Xiaomi Redmi 7 ベンチマークテスト! Antutu/PCMark/3DMark/Geekbench4 驚きの連続駆動時間に大注目!

続きを見る

ここでトリプルレンズを搭載してくるあたりは空気が読めなくて良いですね。なぜだ?カメラの構成はメインレンズが1300万画素(F/2.0)、セカンドレンズは800万画素(F2.2 超広角)、そしてサードレンズは500万画素(F/2.2 深度センサー搭載)となっています。

一般的なミッドレンジスマートフォンのカメラスペックですが、HTC端末だと何というか良い意味で違和感。

電池容量が3,850mAhと大き目なのも良いですね。画面の解像度はHD+と控えめなので、連続駆動時間は確実に長くなります。

価格は4GB/64GBモデルが34,000円程度、6GB/128GBモデルが39,000円程度と、XiaomiやHuawei、Oppoだったら1万円以上安く買えるはずですが、ここはHTC品質をとるか否か。なんたってPixel作ってるHTCですよ!でもSocがHelioだってことを忘れずに。すごい格差です。

フラッグシップモデルが待ちきれないファンは買っちゃうんでしょうね。そもそも今後フラッグシップモデル出るのか?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

Zenfone 8
超スリムハイエンドなZenfone 8を安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較。今なら5万円台も!

ASUSより ASUS(エイスース)は2021年8月20日(金)に最新フラッグシップモデル『Zenfone 8』の発売を開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが79,800円(税込)、8 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

千円台 通信料金
実は『千円台』で得られる快適なスマホの『大容量通信』環境。『2種類』の格安SIMを使い分けるのがこれからのトレンド。

SIMには『音声対応』と『データ通信』の2種類が存在します。音声対応は『電話番号を使った通話』と『データ通信』の両方に対応しています。『データ通信』はその名の通りモバイル通信のみ。利用料金は基本的に後 ...

povo2.0や楽天モバイルで0円運用出来る『eSIM』内蔵スマホが格安SIMで25日まで『1円』に!しかも有機EL!

0円運用可能な『povo2.0』『楽天モバイル』に加え、『ahamo』『LINEMO』『UQモバイル』『ワイモバイル』といった通信キャリアのサブブランドが対応している『eSIM』。メールのやりとりと簡 ...

スマホカメラ
『一眼レフ』ではなく『スマホのカメラ』にしか撮れない瞬間が必ずある!日常にあふれる記録したい1枚こそがベストショット。

Instagramでは有名なスポットで撮影した素晴らしい写真を沢山見る事が出来ます。しかしその殆どが『一眼レフカメラ』で撮影したもの。 スマートフォンと一眼レフカメラではイメージセンサーのサイズが大き ...

スマホ節約術
mineoとOCNモバイルONE、IIJmioのDual SIMで構築出来る『自由』で『超激安』な楽しい節約スマホ環境

円安と原油高が同時に進み、あらゆる物価の上昇が今後止まらなくなる危険性がある昨今。スマートフォンは出来る限り安く購入し、月々に発生する通信ランニングコストも抑える必要があります。 ただし動画を観たり音 ...

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。21日日本上陸!

Xiaomiより Xiaomi Japanが10月21日15時に日本リリース予定の最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11T』。上位モデルとなるXiaomi 11T Pr ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, HTC, HTC Desire 19+, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信