Google 3aよりハイスコアなRedmi Note 7 Pro 6GB/128GBが22,000円まで値下がり

Pocket
Facebook にシェア

Google Pixel 3aに搭載されているSocはSnapdragon 670。Antutuトータルスコアは159,000です。

対するXiaomiのRedmi Note 7 ProはSnapdragon 675を搭載。単純に数字が増えていけばいくほど、Socの性能は高くなります。Antutuトータルスコアは185,155。Pixel 3aより26,000もスコアが高いです。

しかしPixel 3aと言えばカメラ性能の高さがウリ。Pixel Visual Core非搭載ながらもAI機能はしっかりと強化され、Pixel 3譲りの高画質を実現しています。

Pixel 3aの購入に待った!Pixel Visual Core非搭載でカメラ画質はどうなるの?本当に買いなのか徹底検証

続きを見る

しかしカメラでも負けていないのがRedmi 7 Pro。カメラセンサーにはフラッグシップ機にも多数搭載されているSONYのIMX 586が採用されています。光の取得量が4倍になり、高感度撮影に対応することが最大の特徴。

Proでは無いRedmi Note 7に搭載されているのはSamsung製のセンサー、ということを読者の方の教えていただきました。完全に勘違いしておりました。ご指摘ありがとうございます。

Samsung GM1センサーを搭載した『Redmi Note 7』で色々撮ってみた

続きを見る

Redmi 7 Proではこれ以上の写真が撮れるという意味で、参考にしていただければ幸いです。

しかしPixel 3aは5万程度。Redmi Note 7 Proはいくらかと言えば、この度セールで22,000円まで下落します。

しかも6GB/128GBモデルだと!?やりすぎだろこれ!!欲しくなるからやめてくれ!!

スペシャル価格は6月14日限定。

Redmi Note 7 Pro のスペシャルセール会場はコチラ

mydrivers.com

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.