【スマホ市場2019】AppleとSamsungが下落。HuaweiとXiaomiが上昇。

投稿日:

Pocket

IDC(インターネットデータセンター)の最新レポートによると、Appleが販売するiPhoneの売上が減少しているのは中国だけではありません。

最新のデータが示すように、2019年第1四半期、ヨーロッパ、中東、アフリカにおけるiPhoneの出荷台数は2018年同期比で22.7%減。販売台数にして240万台の落ち込みを見せています。その結果、シェア率も18.5%から14.74%まで低下。

しかし、販売台数の減少に反して平均販売価格は上昇。価格の上昇は販売台数によるAppleの損失を補填する事になります。

販売台数の減少に悩まされているのはAppleだけではありません。同地域において、スマートフォンシェア世界一のSamsungも苦戦。前年同月比で-6.8%となっています。

そして驚いた事に、出荷台数を大幅に伸ばしたメーカーも。それが泥沼にいる筈の『Huawei』です。前年同月比で+66.1%。1,350万台を出荷しています。

XiaomiもHuaweiと共に上昇。前年同期比は+33.26%で、出荷台数は290万台。市場シェアは5.5%に成長しています。

全スマートフォンの出荷台数は5,350万台となり、全体では-2.74%の落ち込み。スマホバブルの終わりを象徴しています。

世界情勢的には、今後Huawei端末の販売台数低下によりさらに-成長が続く予定。

スマホ市場は2019年-3.1%と減速予想。しかし2020年にはHuaweiと共に復活へ

『Galaxy Note 10』『Galaxy Note 10 Pro』は8月7日リリース予定。色々流出Galaxy Note 10 Proは『美しさ』と『強さ』で世界を席感かGalaxy A30は有 ...

続きを見る

しかし2020にはHuaweiの復活と共に+成長に回帰するとされています。その時XiaomiやOPPOはどのOSを搭載しているのか?

Huawei『ようこそ』Xiaomi、OPPO、VIVO、Tensent『よろしくお願いします。』

HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコかHuawei P30シリーズにはすでに『ARK』が搭載されていたHuawei O ...

続きを見る

そしてEMUI爆弾はどうなっているのか?

Google『Huaweiへのアップデートを止めないで』。トランプへの悲痛な叫び

HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコかGoogleがオープンソースとしてAndroidを世界に無償提供する理由Huaw ...

続きを見る

スマートフォン市場は、歴史に残る大変革時代に突入しようとしています。生き残れるのはどのメーカーか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.