GoogleがオープンソースとしてAndroidを世界に無償提供する理由

Pocket
Facebook にシェア

GoogleはAndroidをオープンソースとして世界に無償提供(一定のルールはあり)しています。もちろんコードの開発には莫大な費用が発生しています。

ではなぜAndroidを無償提供しているのか。そこには無償提供することによって生まれる『将来的な利益』があるからです。

スマホや家電、そして車メーカーがAndroid OSを搭載すればする程、Googleには利益が発生します。しかしそれには、Google Playというアプリストア、さらにナビやメール、Youtubeといった純正アプリをライセンス契約して提供する事が条件です。

純正アプリは、広告収入を得る為には絶好の場となるだけでなく、データの収集を行うツールとしてはこれ以上のものはありません。

さらにその収集したデータを元に、時代に最適化したシステムやアプリを開発し続けていくのでユーザーも当然増加傾向に。ユーザーが増えれば増えるほど広告収入は増える計算になります。

実際にGoogle(厳密には親会社のAlphabet)の売り上げ構成比率(2018年)はこんな感じです。

ほぼ自社アプリから発生した広告収入です。つまりAndroidのソースだけ使ってOSは自社開発し、ライセンス契約は結ばないメーカーが増えれば増える程、Googleの利益は減少することになります。

アメリカ政府が行ったHuaweiへのGoogleライセンス停止は、セキュリティの低下を招く以外に、Huawei端末から発生している広告収入をカットするという自滅的な要素を含んでいます。その状況をGoogleが見過ごせるはずはありません。

Google『Huaweiへのアップデートを止めないで』。トランプへの悲痛な叫び

続きを見る

さらにHuaweiはAndroidのオープンソースだけ利用して、マーケットや主要アプリは自社開発。ARK OSとして広告収入も根こそぎ持っていこうとしています。

HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコか

続きを見る

最も、検索エンジンという絶対的な優先分野を他社に引き渡すというのは考え難いので、企業としてGoogleが傾くということは当面無いでしょう。しかし『Android』のシェアが揺るがされる事により、将来の展望に何らかの障害が発生するのは間違いありません。

Kai OSといった後進国向けのスマートフィーチャーフォン用のOSも着々とシェアを拡大中。

15億人の市場を持つ『Kai OS』の未来が明るすぎ。HuaweiがOS発表する前に第3のモバイルOSは誕生していた

続きを見る

しかしGoogleはKai OSに2200万ドルという多額の資金を出資。これは将来的に『検索エンジン』『音声アシスタント』『ナビ』をKai OSに組み込むことを目的とした動きのようです。ユーザーさえいれば広告事業で莫大な利益を得ることが出来ると実証しているGoogle。流石に打つ手が早かった。

しかしKai OSが流通するアフリカ市場にはHuaweiが独自OSで参入予定。アフリカ連合と手を組んだニュースは衝撃的でした。これにはGoogleもかなりの焦りを感じているはず。

Huaweiがアフリカ連合と協力体制へ。6億6千万人をロックオン

続きを見る

シェアの奪い合いが激化するモバイル市場。ユーザーの数が売り上げに直結するのだから当然と言えば当然です。ユーザーからすればサービスの質が向上すればそれで良し。制裁などという非生産的なやり方ではなく、ユーザー至上主義で正々堂々と勝負してほしいですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.