HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコか

Pocket
Facebook にシェア

アメリカがHuaweiとの取引を禁止し、GoogleからHuaweiへのアップデート提供は8月19日で打ち切られてしまいます。

しかしHuaweiは現在、AndroidをベースにしたEMUI 10を開発してテスト中。 EMUI10は『Huawei独自OS初搭載』とされる『Mate 30』シリーズに搭載予定のOS。つまりHuaweiが開発している『ARK OS』がこれまで通りAndroidベースだという事が分かります。

そしてベータ版ではGoogle PlayやGmailといったGoogle純正アプリも入った状態に。Mate 30シリーズのリリース段階では、GoogleはHuaweiへのライセンス提供をすでに停止。なので正規版では使えなくなる可能性も。

Android自体は誰もが使えるオープンソースコードなので、今後もHuaweiはそのコードを使い続ける事が出来ます。

GoogleがAndroidをオープンソース化しているのは、Googleプレイや純正アプリを有料で提供する事を目的としているから。つまり、Huaweiの様なAndroidソースの使い方は、目的とは完全に異なります。

しかも、今後OPPOやXiaomiがARK OSに乗り換え、Googleとのライセンス取引を停止するとしたら、なんの為にAndroidをオープンソース化しているのかわからない状態に。

AndroidベースでOSを作成すれば、基本的にAndroid向けに開発されたアプリは全て使えるということになります。しかし、Google純正アプリに加えて、Google Playが使えなくなるので、アプリはHuawei純正のAPP Galleryを介してダウンロードする事に。

すでにAPP Galleryのシェアは、中国や欧州を中心に拡大中。ダウンロード数ではGoogle  PlayとApp Storeを凌ぐ勢いです。

サヨナラ『Android』、ハジメマシテ『ARK OS』がめちゃくちゃ現実的だった

続きを見る

ARK OSでは独自の『ARK COMPILER』の採用により言語の翻訳から実行までを簡略化する予定。ARK COMPILERによりAndroidシステムの処理能力を24%、応答速度を44%高める事が可能。さらにサードパーティのアプリケーションに関しては動作を最大60%高速化します。

Huawei P30シリーズにはすでに『ARK』が搭載されていた

続きを見る

今回EMUI 10においてパフォーマンスが大幅に向上しているのは、予定通りARK COMPILERが動作しているということです。そしてEMUI 10を搭載したMate 30シリーズは秋頃リリース予定。

Mate 30シリーズは『ARK OS』に『Kirin 985』で9月22日にリリースか

続きを見る

先にARK OSがお披露目となるか、同時リリースになるかは未だわかりません。

しかし新しいiPhoneはMate30やARK OSとリリースがもろ被りな事から、中途半端なアップデートだと、話題で先行するHuaweiに弾き飛ばされる可能性も。いきなりOS3極時代の幕開けか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.