リーク情報を元にした『Mate 30 Pro』のコンセプト画像が登場

Pocket
Facebook にシェア

Huawei Mate 30シリーズのリリース予定は今年の9月後半を予定。搭載予定のEMUI 10はAndroidがベースになる事がリークされています。

HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコか

続きを見る

OSは『ARK OS(EMUI 10)』の搭載がまず間違いありませんが、Mate 30 Pro本体に関する情報もチラホラ。リークをもとにコンセプト画像が作成されています(Galaxyに酷似)。

ディスプレイはOnePlus 7 Proに採用されたものと同等な、有機EL高速表示ディスプレイ(90Hz)を搭載予定。液晶ではなく有機ELにおける高速表示は技術的な難易度がかなり上がるので、OnePlusから直接供給を受ける可能性も高いです。

OnePlus 7Proは『カメラ』『ディスプレイ』『ストレージ』『Soc』が全て世界トップクラス。それなのに7万円台という奇跡が起きた。

続きを見る

さらにサイズは6.39インチから6.71インチへ拡大。ディスプレイ大型化の流れは変わりません。Honor note 10は約7インチで十分実用サイズだったので、そこまでの拡大化は個人的に大賛成。解像度はフルHD+を超えるQuad HD +を維持するとされています。スマホサイズで4K解像度の必要性、今のところ無いです。

カメラはフロントがデュアル(2つレンズ)化、リアカメラはクアッド化(4つレンズ)化。Mate 20 Proから物理的に進化する予定です。

ディスプレイが大きくなる事で部品の設置スペースが増えるので物理進化はしやすくなりますが、その為にディスプレイを大きくするというのは何か違うような気が。しかし7インチまでは許容です。

バッテリーは4,200mAh、充電速度独自技術『スーパーVOOC』をさらに進化させ、最大55Wの超急速充電に。

あくまでもまだリーク段階ですが、違和感を全く感じないので近しいスペックにはなるでしょう。いつもはスペックには注目が集まりますが、Mate 30 Proに関してはOSへの注目度がそれ以上。

Huawei P30シリーズにはすでに『ARK』が搭載されていた

続きを見る

ある意味世界一注目されているフラッグシップモデル。ARK OSを一気に世界のスタンダードとする事が出来るか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.