Huaweiの折り畳みスマホ『Mate X』も9月まで発売延期。『Mate 30 Pro』と同時リリースか

Pocket
Facebook にシェア

リリースされた当初は大きな話題となった各メーカーの折り畳みスマートフォン。しかしGalaxy Foldで大きな障害が複数見つかり、発売するにはまだ時期尚早であるとの見方が増えています。

『Galaxy Fold』が大炎上!価格に見合わないディスプレイ品質にクレームが殺到!

続きを見る

HuaweiのMate Xは元々6月中の発売を予定していましたが、9月への延期が決定。Huaweiの副社長である『Vincent Peng』は、『ディスプレイ品質改善のためにリリースを遅らせた』と述べています。

さらに『我々は数えきれないほどのテストを行っている』『出来るだけ早くリリースする』とし、品質向上とこれ以上の遅延は起こさないことを強調しました。

今回のMate X発売遅延に関しては様々な憶測が飛び交っています。『アメリカの制裁によりサプライチェーンからの供給が遅れている』『Mate 30』シリーズのリリースと合わせて、ソフトウェアが変更されOSには『ARK OS』を搭載させる、など。

HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコか

続きを見る

マーケティングの観点からいくと、どれも正攻法であるように感じます。今折り畳みスマートフォンをリリースしても品質への不安視から売れ行きが伸びるとは限りません。

それよりも確かな品質を確保し、さらに新規OSという話題性抜群なものをセットにすることで、Mate Xは他社と一線を画したものになるでしょう。

Mate X 仕様
サイズ/重量 開いた状態:146.2 x 161.3 x 5.4 mm
閉じた状態:78.3 x 161.3 x 11 mm
重さ:295g
ディスプレイ 有機ELディスプレイ

サイズ:
開いた状態:8インチ
フロントパネル:6.6インチ
バックパネル:6.38インチ

解像度:
開いた状態:2480×2200px
フロントパネル:2480×1148px
バックパネル:2480×892px

チップセット Huawei Kirin 980Balong 5000: 2G/3G/4G/5G
multi-mode, SA & NSA supportCPU: 2 x Cortex-A76 @ 2.6GHz + 2 x Cortex-A76 @ 1.92GHz + 4 x Cortex-A55 @ 1.8GHzGPU: Mali-G76/NPU
ソフトウェア Android 9 Pie(EMUI 9.1.1)
メモリー 8GB RAM
ストレージ 512GB, expandable via NM card
カメラ 40 MP (Wide Angle Lens) + 16 MP (Ultra Wide Angle Lens) + 8 MP (Telephoto)
バッテリー 4500mAh
電池/充電 55W Huawei SuperCharge
センサー 重力センサー、周囲光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、コンパス、指紋センサー、ホールセンサー、気圧計、赤外線センサー、色温度センサー
通信 SIM: Dual SIMNFC: Yes, RW mode/P2P mode/Card Emulation

Wi-Fi: 802.11a/b/g/n/ac, 2.4 GHz and 5 GHz

Bluetooth: Bluetooth 5.0, BLE, SBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC and HWA Audio

Location: GPS (L1 + L5 dual band) / AGPS / Glonass / BeiDou / Galileo (E1 + E5a dual band) / QZSS (L1 + L5 dual band)

Primary SIM card: 

5G NR TDD: N41 / N77 / N78 / N79
4G LTE TDD: B34 / B38 / B39 / B40 / B41
4G LTE FDD: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B32
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19;
2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8 (850 / 900 / 1800 / 1900 MHz)

Secondary SIM card:

4G LTE TDD: B34 / B38 / B39 / B40 / B41
4G LTE FDD: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8 (850 / 900 / 1800 / 1900 MHz)

ポート USB Type-C (3.1).、3.5mm ヘッドフォンジャック
カラー Interstellar Blue
アクセサリー フルプロテクションケース
価格 約29万円

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.