『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiが発売し、スマートウォッチ世界シェア第一位に最も貢献したのが『Mi Band 3』です。そのMi Band 3のアップデートモデルとなる『Mi Band 4』。Mi Band 3ユーザーが欲しくなるレベルのアップデートを果たしました。

6/11にXiaomiがリリースした製品は以下の通り

Xiaomi Mi Band 4は『カラー有機EL/6軸センサー搭載』で2,700円~!コレ利益出てるの?

続きを見る

Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

続きを見る

AmazFit Bip 2は『心電図搭載で命を守る時計』11,000円〜

続きを見る

XiaomiがAI対応スマートスピーカーを2モデルリリース。2,700円~

続きを見る

Mi Band 4をかざしてロック解除!Xiaomi Look Classic 2Sは超高性能なスマートロック

続きを見る

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

続きを見る

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

Xiaomiが発売し、スマートウォッチ世界シェア第一位に最も貢献したのが『Mi Band 3』です。そのMi Band 3のアップデートモデルとなる『Mi Band 4』。Mi Band 3ユーザーが ...

続きを見る

 

Mi Band 4とMi Band 3の違い

名称 Mi Band 4 Mi Band 3
表示 0.95インチカラーAMOLED、240 x 120ピクセルタッチスクリーン(282 PPI) 0.78インチ白黒OLED、128 x 80ピクセルタッチスクリーン(194 PPI)
接続 Bluetooth5.0 NFC対応モデルあり Bluetooth4.2 NFC対応モデルあり
電池 135 mAh(最大20日間スタンバイ) 110 mAh、最大20日間スタンバイ
保護 5気圧防水 5気圧防水
機能 音楽コントロールXiao AIアシスタント(NFC版のみ)、歩数計、睡眠モニター、心拍数モニター、目覚まし時計、メッセージ通知、受話機能、スポーツトラッキング 歩数計、睡眠モニタ、心拍数モニタ、目覚まし時計、メッセージ通知、受話機能、スポーツトラッキング
重量 22.1 g(バンド付き) 18.5 g(バンド付き)

Mi Band 4とMi Band 3のディスプレイを比較

Mi Band 4のディスプレイはカラーになり大型化。77種類のカスタマイズテーマが用意されるという圧倒的な進化。

Mi Band 3が0.78インチ128×80px解像度のモノクロディスプレイ。

それに対しMi Band 4は0.95インチ120×240px解像度のカラーディスプレイ。

ディスプレイはカラーになり大きくなっただけでなく、解像度も大幅に向上しています。また、Mi Band 4のディスプレイには77種類のカスタマイズデザインが用意されており、飽きたら他のデザインに変更することも可能。まさに別次元への進化と言えます。

 

Mi Band 4とMi Band 3のデザインを比較

重さは2gしか変わらない

Mi Band 4の画面が少し大型化した以外は、Mi Band 3のデザインが基本的に踏襲されています。重さで言えばMi Band 4が22g。Mi Band 3が20gと微差です。Mi Band 4は画面サイズが拡大し電池容量も増えているので、2gしか重さが変わっていないのは優秀です。

Mi Band 4はバンドのカラーが2色プラス

バンドに関してはどちらもシリコンバンド。Mi Band 3が『オレンジ』『ブラック』『ブルー』の3色展開。

Mi Band 4は『ブラック』『ブルー』『パープル』『オレンジ』『ベージュ』の5色。Mi Band 4はカラーディスプレイになりテーマも77種類から選べるので、バンドの色と合わせてオシャレを楽しみたいですね。

 

Mi Band 4とMi Band 3の機能と性能を比較

基本的なモニタリング、トラッキング機能は変わらず

Mi Band 4、Mi Band 3共に『心拍モニター』『睡眠モニター』『歩数計』『アラーム』『天気表示』、『サイクリング』や『ランニング』といった運動を自動的に識別してトラッキングが可能です。トラッキングしたデータはスマートフォン用アプリMi Fitで細かく確認できます。どちらもGPSには非対応。

 

6軸センサーの搭載により水泳のトラッキングはMi Band 4

Mi Band 4には6軸重力センサーが搭載されたことで、正確に水泳のトラッキングデータをとることができるようになりました。泳ぎ方を『背泳ぎ』『バタフライ』と変えても問題ありません。水泳選手にとっては必須アイテムになりそうです。

 

Mi Band 4は音声アシストに対応するも中国語のみ

また、Mi Band 4は音声アシスタントに対応していますが、中国語限定で多言語で使えるようになる可能性はかなり低そうです。しかし逆に考えれば中国語さえ覚えれば使えるっていう・・・。かなり便利そうなので、Google翻訳しながら覚えるのはありだと思いはじめました。

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

続きを見る

連続使用時間はどちらも20時間程度

連続使用時間はどちらも1度の充電で20日間程度とかなり優秀。Mi Band 4はディスプレイがカラーになりサイズも大型化。通常であれば同じ連続使用時間というのはありえないのですが、電池容量が110mhから135mAhに増えているのでこの数字になっているのでしょう。しかしこれはあくまで理論値なので、これは実際に使うと少し短い可能性が高いです。

メッセージ受信や受話機能は共通もMi Band 4の方が見易さは上

メッセージの受信や電話の受話機能も同様。メッセージに関しては、ディスプレイが大きくなり解像度も上がっているMi Band 4の方が確実に見易くなっています。

 

音楽コントロールを出来るのはMi Band 4だけ

Mi Band 3にはついていなかったスマートフォンで再生している音楽のコントロール機能。スマートフォンをカバンの中から出さずに曲を進めたり止めたりできるのは何気に便利。

 

Mi Band 4とMi Band 3の価格を比較

どちらのモデルも取り扱っているGearBestで価格の比較をしてみましょう。やはりMi Band 4は発売したばかりだけあってやや高めですね。逆にMi Band 3はかなりのプライスダウン。ディスプレイに拘りが無ければMi Band 3を買うというのも大いにありです。でもやっぱり、カラーディスプレイと77種類のテーマデザインが気になる~!

Mi Band 4  4,395円(6月17日現在)

 

 

Mi Band 3 2,857円(6月17日現在)

 

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.