『OnePlus 7』『OnePlus 7 Pro』が拡張現実『ARCore』に対応

投稿日:

Pocket

googleが2017年にリリースした拡張現実プラットフォーム『ARCore』。

最初のARプラットフォームとなった『Project Tango』は、スマホカメラの他にモーションセンサーと深度センサーを必要とし、ハードウェア面で対応出来る端末が少なかったとから、ARCoreの登場と共に静かに終焉。

ARCoreはTangoと比較して性能がややダウンするも、スマホカメラとモーションセンサーのみで拡張現実を可能に。深度センサーが不要になった事で敷居が下がり、対応端末も増えました。

最近ではHuaweiの『P30』と『P30 Pro』、Googleの『Pixel 3a』『Pixel 3a XL』、LGの『G8』『V50』が対象に。

Huawei P30シリーズにはすでに『ARK』が搭載されていた

続きを見る

そして今回『OnePlus 7』『OnePlus 7 Pro』『OnePlus 7 Pro 5G』がリストに追加されました。ちなみにOnePlusは3TからARCoreに対応しています。

OnePlus 7は『最速ストレージ』『フルバンド対応』『大画面有機EL』『スナドラ855』と実は凄かった

続きを見る

『OnePlus 7Pro』『P30 Pro』『Pixel 3 XL』『Galaxy S10+』3,000人によるカメラ画質比較!

続きを見る

対応端末の増加と共に、ARCore自体のアップデートも高速化。今年に入りAR開発ガイドが配布されたりと、開発者に向けた支援も行っています。

ARCore Elements

Are you a developer or designer creating your first augmented reality (AR) experience? Learn techniques for building better and more dynamic apps with ARCore Elements. To start development with ARCore: https://developers.google.com/ar/ To learn more about Augmented Reality Design Guidelines: https://designguidelines.withgoogle.com/ar-design/

もしまだ拡張現実を体験したことのない人は、一度ARCoreをインストールしてみては。これまでとは違ったスマートフォンの楽しみ方を見つけられるかもしれません。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.