Huawei Honor 20が歴史的な売上を記録。グローバル展開開始へ

Pocket

Huaweiのサブブランドで、本家のフラッグシップモデルを飲み込む勢いで売上を伸ばしているサブブランドの『Honor』。

HonorがリリースしたフラッグシップモデルのHonor 20は、間もなく、世界の10カ国で購入できるように。Honorは公式に販売を行う国と価格を発表しました。今後販売国はさらに増える予定。

利用可能な日付 価格
ロシア 6月21日 RUB 27,990
英国 6月21日 £399.99
フランス 6月21日 €499.00
ドイツ 6月21日 €499.00
マレーシア 6月21日 RM 1,699
イタリア 6月24日 €499.00
オランダ 6月24日 €499.00
インド 6月25日 INR 32,999
ポーランド 6月28日 PLN 1999
スペイン 7月上旬 €499.00

Honor 20は、中国における初期販売台数の最高記録を更新。グローバルでは逆風が吹き荒れる中、中国国内では逆にその状況が追い風となっています。

 

Honor 20は発売開始からたったの2週間で100万台を超える販売台数を記録。最大手オンラインモールのJD.comで行われている中国最大級のセールイベント『618セール』では、同価格帯でダントツ1位の売上となりました。

中国国内では元々、Google Playをはじめとした、Googleのサービスが使えません。なので、アメリカの制裁に関してあまり大きな影響を受ける事もなく、これまで通りスペックの高いスマートフォンとして販売されています。

しかしグローバルは別です。Googleユーザーが圧倒的に多いので、使えなくなるのは致命的。Googleは自社の利益やAndroidのセキュリティを維持するために、トランプ政権と交渉中。

Google『Huaweiへのアップデートを止めないで』。トランプへの悲痛な叫び

続きを見る

その内容がグローバルにおけるHonor 20の売上とGoogleの未来を左右する事になるでしょう。

GoogleがオープンソースとしてAndroidを世界に無償提供する理由

続きを見る

そういえばP30 シリーズですでに採用されているとされる『ARK』。Honor 20でも使えるのでしょうか。

Huawei P30シリーズにはすでに『ARK』が搭載されていた

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.