Xiaomiがスマホ使いすぎ防止『デジタル ウェルビーイング機能』を提供

投稿日:

Pocket

 

MIUI 10のGlobal Beta版のリリースから数ヶ月後に、Xiaomiはスマートフォンの利用状況を把握&コントロールする事のできる『デジタル ウェルビーイング機能』を追加リリースしました。

この機能は様々なアプリケーションの『利用時間』『受信した通知の数』『スマートフォンのロックを解除した回数』などをデータとして把握する事ができます。

また、アプリケーションごとの利用時間を設定する事も可能。子供がスマートフォンを使っている場合は『特定のゲームアプリの利用時間は1日1時間』などと指定できます。平日と休日に分けた管理も出来るので、何度も設定を変える必要はありません。

最近ではスマートフォンの利用を減らして、別のことに時間を使おうという動きも増えてきています。わたしの場合は半分仕事になっているので、スマートフォンの操作時間が人より確実に長いです。デジタル ウェルビーイング機能を使って一度利用状況を確認してみたくなりました。

デジタル ウェルビーイング機能は現在MIUI 10のGlobal Beta版でのみ利用可能。MIUI 11と共に提供される予定です。今後XiaomiはGlobal Beta版の提供を廃止。

Xiaomiが7月1日からGlobal Beta ROMの配布を終了へ。いきなりアプデぶっこみます

Xiaomi MIUI 11では『SIMの切り替え』『自撮り』『スクショ』が進化Xiaomiが開発中のMIUI 11は究極の省電力状態を実現するモノクロモードをサポート!システムアップデートの力は超偉 ...

続きを見る

アップデートの提供はいつもより早まります。デジタル ウェルビーイング機能の他に『ダークモード』や『システムAIの強化』による高速化など、ワクワクするような機能強化が盛り沢山。楽しみですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.