Xiaomi Amazfit Verge2がついに予約販売開始!

Pocket
Facebook にシェア

Mi Band 4と同時にリリースされ、同じレベルで大きな注目を集めている『Amazfit Verge2』。オンラインストア『Banggood.com』にてついに予約注文がスタートしました。

Banggood.comは日本発送に対応していて、Googleアカウントとの同期で登録も容易。比較的ビギナーでも購入し安い海外のオンラインストアです。あれ?GearBestみたいにいつの間にかJAPANも出来てますね。日本語の分かる担当者がいるという事なので、なおさらオススメ。

Amazfit Verge2は人工ダイヤモンドと呼ばれる『ジルコニア素材』に加え、有機ELカラーディスプレイは『Apple Watch 4以上の高解像度化』を実現。豊富なアプリケーションも用意され、Mi Band 4との明確な差別化を図っています。

Xiaomi Mi Band 4は『視認性』と『トラッキング機能』が大幅に進化!

続きを見る

しかしグローバルモデルは心電図機能が使えないとか。日本以外でも規制が敷かれている国が多いのでしょうね。ただただ残念。Xiaomiの場合Apple Watchと違って、何かしらの裏技で使えるようになりそうですが・・・命を救える高機能が国の規制で使えないとか、未だに理解できません。

Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

続きを見る

Amazfit Verge 2の購入

 

 

Amazfit Verge 2のスペック

※モデルによって対応機能が異なるのでご注意下さい。

スクリーン 1.39インチ(454 x 454ピクセル)
有機ELカラーディスプレイ、Gorilla Glass 3
プロセッサー Qualcomm Snapdragon Wear 2500
メモリー 512 MB LPDDR3
ストレージ 4GB
電池容量 420 mAh
防水防塵 IP68
寸法と重量 直径:35.4mm
厚さ:13.7mm
重さ:49g(ストラップなし)
接続 4G VoLTE(eSIM)、WiFi 802.11 b / g / n、BT 4.2、GPS + GLONASS + BDS、NFC
ソフトウェア Amazfit OS、Android 4.4およびiOS 10以上との互換性あり
コネクタとセンサー スピーカー、マイク、心電図(ECG / PPG)、加速度計、コンパス、光センサー、スポーツ、活動および睡眠追跡

6/11にXiaomiがリリースした製品は以下の通り

Xiaomi Mi Band 4は『カラー有機EL/6軸センサー搭載』で2,700円~!コレ利益出てるの?

続きを見る

Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

続きを見る

AmazFit Bip 2は『心電図搭載で命を守る時計』11,000円〜

続きを見る

XiaomiがAI対応スマートスピーカーを2モデルリリース。2,700円~

続きを見る

Mi Band 4をかざしてロック解除!Xiaomi Look Classic 2Sは超高性能なスマートロック

続きを見る

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

続きを見る

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

続きを見る

Xiaomiの面白アイテムはコチラ

Xiaomiと伊勢丹で売ってる『Vifa』が最強のコラボ

続きを見る

Xiaomiのセグウェイみたいな『オフロード電動スクーター』は36,000円

続きを見る

スマホにつながるXiaomiの『スマートTシャツ』が3,000円てどぉ?

続きを見る

Xiaomiの掃除機は『Dyson並の吸引力』『濡れたゴミを吸って床を乾かす』機能がついて6,000円

続きを見る

Mi Band 4にピッタリなXiaomiのハイテクシューズが2,700円

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.