Huawei 『Kirin 810』のAntutuスコアが25万に迫る。ミッドレンジ突破

Pocket

HuaweiがTSMCにより、『7nmプロセス』で製造された2番目のSoc、それがリリースされたばかりの『kirin 810』です。800番台のSocなので、通常ではミドルレンジクラス。しかしKirin 810はそのレベルを超えてきました。

Kirin 810はSamsungの8nmプロセストランジスタより密度が50%高く、さらには10nmプロセスと比較すると64%もの高密度を実現。エネルギー効率も28%上昇しています。

そして今回、Antutuのベンチマークテストスコアに『SEA-AL00』という名称でKirin 810が登場しました。スコア計測に使われたスマートフォンは8GBのメモリーと256GBのストレージを搭載した『Huawei nova 5』。Antutuのトータルスコアは何と『237437』。

このスコアは同社のフラッグシップ向きSoc『Kirin 970』だけではなく、『Snapdragon 835』をも上回ります。つまりもう、『ミッドレンジ』という類ではくくれなくなりました。

最近ではSnapdragon 730がミッドレンジ向けながらAntutuのトータルスコアで20万を超え、大きな話題となりましたが、Kirin 810のスコアはSnapdragon 730よりも完全に1ランク上です。

公式の紹介によると、Kirin 810は自社開発した『Huawei DaVinciアーキテクチャNPU』を採用。NPUを使ったAI機能はSnapdragon 835や730を超え、『32280』というスコアを記録しています。

Kirin 810は、高性能な『Cortex A76』を2基、さらにエネルギー効率に特化した『Cortex A55』を6基といった構成。CPUの最大クロック速度は2.27GHz。GPUには『Mali G52』を採用しています。

最新のNPUによりAI機能も強化。『動画』『写真』『ゲーム』『音楽』など、他分野においてその実力を発揮します。 カメラは夜景モードのアルゴリズムが最適化されているようなので、最新フラッグシップ機との比較が楽しみですね。

さらに、どちらのSIMもVoLTEに対応するDVDVもサポートしています。

最新モデルに関しては今後もGoogleのサポートが継続されるという公式発表をしたばかりのHuawei。

『Huaweiのスマートフォン、タブレットは今後どうなるの?』Huaweiが回答文書を公表

続きを見る

『Huawei nova 5』も大丈夫という判断で問題ないでしょう。Socがここまですごいのであれば、Huawei nova 5に関しても記事化しなくては。

最近のHuaweiに関する記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.