Xiaomi Mi CCは『デザイン』『カメラ』『画像加工技術』に特化したNewブランド

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiが若者にターゲットを絞ったニューブランド『Mi CC』を立ち上げました。

Mi CCは『シック』『クール』『カラフル』『クリエイティブ』などをテーマとし、デザイン性とカメラ性能の高さを強調。グローバルな若者をターゲットにしています。

Xiaomiの創立者であり、CEOのLei Junは次のように述べています。

「XiaomiのMi ブランドは、現在Mi及びMi Mixシリーズを提供する事に専念しています。一方、1月にブランドとして独立した『Redmi』は『Redmi K20』や『Redmi K20 Pro』で最高のコストパフォーマンスを提供。

Redmi K20 Proの作りこみがかなり強烈!専用ゲームパッドまで発売されるらしい

続きを見る

Mi CCはフロントカメラとリアカメラの両方で高画質な画像を自撮り撮影を可能とするフラッグシップモデルです。新たに開設された『Xiaomi x Meitu AI Beauty Lab』によって開発された、業界最先端のアルゴリズムも適用されます。

世界第4位のスマートフォンメーカーとなったXiaomiは、昨年11月に女性スマートフォンユーザーの間で人気の高いブランド『Meitu』と戦略的提携契約を締結。Meituとの技術的な提携は、80以上の市場を持ち、その内の40以上でTOP5にランクインするXiaomiの基盤をさらに強固なものとし、さらに拡大及び多様化させることを目的としています。

Mi CCはXiaomiの中で最も若いチームが製品開発を行います。その内の半分は、若いユーザーに向けて最先端のデザインを提供することに専念します。

シンプルだけど美しく、高い品質を持ち、直感性に優れるMi CCは、全ての若者にとって最良の選択になることを私は信じています。」

これまでは価格帯や性能で区別化を測ってきたXiaomiですが、ここでターゲットを『若者』に限定した新ブランド『Mi CC』の立ち上げ。『本体のデザイン』『カメラ性能』『画像加工技術』の3点に特化したブランドになることが、『Lei Jun』の言葉から理解できます。

先日画像が公開されたニューモデルの画像も、ブランドコンセプトが明確に打ち出されたものでした。

XiaomiとMeituがコラボモデルを開発。トリプルフリップで世界一の自撮りスマホを奪還か

続きを見る

沢山の市場で成功を収めているXiaomiが新たにスマートフォン市場で見せる動き。Mi CCから目が離せません!

Xiaomiに関する最新記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.