Xiaomiのニューブランド発『Xiaomi CC9』『Xiaomi CC9e』が7月2日リリース

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiが若者向けに立ち上げた新ブランド『Xiaomi CC』。これまで以上にターゲットを明確にし、meituとの共同開発により、カメラや画像加工技術にこれまで以上に力を注ぐとしています。

Xiaomi Mi CCは『デザイン』『カメラ』『画像加工技術』に特化したNewブランド

続きを見る

Xiaomi CCに全力を入れ込む代償として、Xiaomi Mi Maxの最新モデルは開発しないことに。Mi MaxのユーザーとXiaomi CCのターゲットは恐らくかぶらないと思うので、CCユーザーはMi Maxユーザーから恨まれることになるでしょう。

Xiaomi Mi Max 4の開発をCEOが否定。難民確定か

続きを見る

そんなリリースされたばかりのXiaomi CCですが、早速同ブランド初端末となる『Xiaomi CC9』『Xiaomi CC9e』のお披露目日程が公開されました。

Xiaomiは7月2日の19時から、北京の国家水泳センターでイベントを開催。そこで『Xiaomi CC9』『Xiaomi CC9e』の2モデルをリリース予定です。7月2日はVIVOが『VIVO IQOO Neo』のリリース予定とかぶっており、発売前から両ブランドが火花を散らすことになります。

『Xiaomi CC9e』に関しては実機画像や画像加工ソフトを実際に使っている動画が公開。見た目はMi 9 SEなので大きな衝撃はありませんが、meituと共同開発したとされる画像加工アプリはかなりのインパクト。あれだけでも製品の十分なアピールになります。

Xiaomi Mi CC 9eの本体画像やプロモーション動画が公開。一瞬でソックリな3Dキャラ作成が可能に

続きを見る

『Xiaomi CC9』は逆に販促画像程度のリークしか無く、謎に包まれたまま。分かっている事とすれば、ZenFone 6のようなフリップカメラが搭載される予定です。ZenFone 6がデュアルレンズなのに対し、Xiaomi CC9はトリプルレンズなので、自撮りスマホとしてDxOMark世界一に輝くことが期待されています。

XiaomiとMeituがコラボモデルを開発。トリプルフリップで世界一の自撮りスマホを奪還か

続きを見る

楽しみなのは明らかにXiaomi CC9の方ですね。7月2日まであと1週間ちょっと。あっという間にすぎるでしょう。その間に新たなリーク情報が入る可能性もあり。トリプルフリップレンズ。楽しみですね!

Xiaomiに関する最新記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.