ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomiのニューブランド発『Xiaomi CC9』『Xiaomi CC9e』が7月2日リリース

Pocket

Xiaomiが若者向けに立ち上げた新ブランド『Xiaomi CC』。これまで以上にターゲットを明確にし、meituとの共同開発により、カメラや画像加工技術にこれまで以上に力を注ぐとしています。

Xiaomi Mi CCは『デザイン』『カメラ』『画像加工技術』に特化したNewブランド

続きを見る

Xiaomi CCに全力を入れ込む代償として、Xiaomi Mi Maxの最新モデルは開発しないことに。Mi MaxのユーザーとXiaomi CCのターゲットは恐らくかぶらないと思うので、CCユーザーはMi Maxユーザーから恨まれることになるでしょう。

Xiaomi Mi Max 4の開発をCEOが否定。難民確定か

続きを見る

そんなリリースされたばかりのXiaomi CCですが、早速同ブランド初端末となる『Xiaomi CC9』『Xiaomi CC9e』のお披露目日程が公開されました。

Xiaomiは7月2日の19時から、北京の国家水泳センターでイベントを開催。そこで『Xiaomi CC9』『Xiaomi CC9e』の2モデルをリリース予定です。7月2日はVIVOが『VIVO IQOO Neo』のリリース予定とかぶっており、発売前から両ブランドが火花を散らすことになります。

『Xiaomi CC9e』に関しては実機画像や画像加工ソフトを実際に使っている動画が公開。見た目はMi 9 SEなので大きな衝撃はありませんが、meituと共同開発したとされる画像加工アプリはかなりのインパクト。あれだけでも製品の十分なアピールになります。

Xiaomi Mi CC 9eの本体画像やプロモーション動画が公開。一瞬でソックリな3Dキャラ作成が可能に

続きを見る

『Xiaomi CC9』は逆に販促画像程度のリークしか無く、謎に包まれたまま。分かっている事とすれば、ZenFone 6のようなフリップカメラが搭載される予定です。ZenFone 6がデュアルレンズなのに対し、Xiaomi CC9はトリプルレンズなので、自撮りスマホとしてDxOMark世界一に輝くことが期待されています。

XiaomiとMeituがコラボモデルを開発。トリプルフリップで世界一の自撮りスマホを奪還か

続きを見る

楽しみなのは明らかにXiaomi CC9の方ですね。7月2日まであと1週間ちょっと。あっという間にすぎるでしょう。その間に新たなリーク情報が入る可能性もあり。トリプルフリップレンズ。楽しみですね!

Xiaomiに関する最新記事はコチラ

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

Xiaomi 11T Pro日本モデルがMIUI 12.5 Enhancedにアップデート
Xiaomi 11T ProがMIUI 12.5 Enhancedにアップデート!日本モデル初。軽量最適化が止まらない

Xiaomiが提供しているファームウェア『MIUI』の最新バージョンは『12.5』です。MIUI12.5ではMIUI 12からCPU使用率を22%削減して15%の低消費電力化を実現。スペックが低いスマ ...

Redmi Buds 3 Proが5千円台!
アプリを入れると一気に化ける!シャオミのRedmi Buds 3 ProがAmazonブラックフライデーで5千円台!

Amazonのブラックフライデーで『5千円台』に値下がりしているANC対応のTWS『Redmi Buds 3 Pro』。通常この価格帯のイヤフォンが搭載しているANC(アクティブノイズキャンセル)は『 ...

Mi 11 Lite 5GとMotorola edge 20の選び方
シャオミMi 11 Lite 5GとMotorola edge 20!どっちを買うかで悩んだらおサイフかカメラで選べ!

スマートフォンの性能を決めるSoc(System on a chip)には、『CPU』『GPU』といった主要なプロセッサが集積されています。そのSoc性能に合わせて『エントリー』『ミッドレンジ』『ハイ ...

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Mi CC, Xiaomi Mi CC 9, Xiaomi Mi CC 9e, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信