Samsung『Apple、注文しないなら金払え』

Pocket
Facebook にシェア

韓国のメディアSAMMOBILEによると、SamsungはAppleに対して、OLEDパネルの注文が想定を下回っているので、違約金の支払いを要求しているとのこと。

AppleはiPhone 8までLCDパネルを使ってきましたが、iPhone XからOLEDパネルに変更。SamsungはAppleにOLEDパネルを提供する唯一のサプライヤです。

しかし残念なことに、iPhoneの売り上げはAppleが掲げていた目標数字には届かず、その結果、SamsungのOLEDパネルの発注量は当然少なくなりました。

SamsungはAppleとOLEDの発注に関する最低数量の取り決めをし、その数量は2017年度で5000万パネルだったと言われています。そして2018年にはそれが2億パネルに増加。

iPhoneの販売台数は減少傾向となり、発注数量は2億パネルに届きませんでした。その結果、SamsungはAppleに違約金を支払うよう請求。これは契約上仕方の無いことかもしれません。

Samsungは今後もAppleからの発注が増えると想定し、2017年、中国にOLED専門の巨大な工場を建設。そしてこの工場は、既存工場より30%も高い生産能力を持っていました。工場建設の為にSamsungは約10憶ドルもの巨額の資金を投入。

その後減産状態に陥り、今はその代償をAppleに求める状態に。Appleは違約金を支払う代わりに、今後iPadやMac Book Pro用のOLEDをSamsungに発注することを交渉中。

今後の両社の関係を考えると悪い話では無さそうですが、Appleって確か自社でパネル開発してたんじゃ?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.