Samsung『Apple、注文しないなら金払え』

更新日:

Pocket

韓国のメディアSAMMOBILEによると、SamsungはAppleに対して、OLEDパネルの注文が想定を下回っているので、違約金の支払いを要求しているとのこと。

AppleはiPhone 8までLCDパネルを使ってきましたが、iPhone XからOLEDパネルに変更。SamsungはAppleにOLEDパネルを提供する唯一のサプライヤです。

しかし残念なことに、iPhoneの売り上げはAppleが掲げていた目標数字には届かず、その結果、SamsungのOLEDパネルの発注量は当然少なくなりました。

SamsungはAppleとOLEDの発注に関する最低数量の取り決めをし、その数量は2017年度で5000万パネルだったと言われています。そして2018年にはそれが2億パネルに増加。

iPhoneの販売台数は減少傾向となり、発注数量は2億パネルに届きませんでした。その結果、SamsungはAppleに違約金を支払うよう請求。これは契約上仕方の無いことかもしれません。

Samsungは今後もAppleからの発注が増えると想定し、2017年、中国にOLED専門の巨大な工場を建設。そしてこの工場は、既存工場より30%も高い生産能力を持っていました。工場建設の為にSamsungは約10憶ドルもの巨額の資金を投入。

その後減産状態に陥り、今はその代償をAppleに求める状態に。Appleは違約金を支払う代わりに、今後iPadやMac Book Pro用のOLEDをSamsungに発注することを交渉中。

今後の両社の関係を考えると悪い話では無さそうですが、Appleって確か自社でパネル開発してたんじゃ?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.