Huaweiの取引先『TSMC』が独自開発のチップをリリース

Pocket
Facebook にシェア

モバイルチップの製造には想像を絶する多大な労力と多額の資金の投資が必要になります。技術面、資金面でのハードルがあまりに高いので、そこに特化した企業はかなり限定的。

『Qualcomm』『Media Tek』『Samsung』『Apple』『Huawei』といった数社が、それを可能としているかずすくない企業です。しかし、その企業の殆どがTSMCのプロセス技術を使用しています。そして、なぜTSMCが自社のブランドとしてチップを作らないのかは、業界の中でも大きな疑問の一つでした。しかしTSMCは、ついに自社初となるモバイルチップの開発に乗り出しました。

今月初めに東京で開催されたVLSIシンポジウムでは、TSMCが独自に設計したチップセットを展示。デモンストレーションを行いました。チップに採用されたのは7nmプロセスで、現行のスマートフォンが搭載しているチップの中でも最高ランクのもの。Cortex A72コアを4基組み込んだデュアルチップ構造で、TSMCが開発した高密度パッケージング技術『CoWoS(Chip on Wafer on Substrate』も採用されています。

また、TSMCのチップはPHYを2基に拡張できるように設計されており、それにより異なるセルとチップの相互接続が可能に。各チップは15の金属層を持ちます。4つのARM Cortex A72コアにより、ターボブースト時の動作周波数は4GHz以上。高密度化により6 MiB L3 Cacheが実装され、従来の4分の1の速さで動作します。

スマートフォン用のSocに参入するのかと思いきや、これは高性能なパソコンに向けたチップとのこと。少し残念ではありますが、今後のSoc開発に黄色信号がともっていたHuaweiからすると心強い状況に。TSMCが間に入りSocを開発することで、新たなレールを敷くことが出来るかもしれません。

<h3>Huaweiに関する最新情報はコチラ</h3>


<h3>合わせて読みたい関連記事はコチラ</h3>

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.