VIVO『120%・・・』Xiaomi『!!!』充電速度が怖いレベルに到達

Pocket
Facebook にシェア

すでにある程度の情報がリークされていましたが、Vivoは中国で行われているイベント『NWC 19 Shanhai』の中で、新しい充電技術を発表しました。充電技術の名称は『Vivo Super FlashCharge 120W』。

新しい技術が大好きなVivoですが、今回は超高速な充電技術。3月にXiaomiが100W急速充電技術をリリースしたばかりですが、それに被せるカタチで20W増量。正直速さがどうこう以前に怖いです。

Xiaomiの充電技術が未知の世界に突入!4000mAhのスマホをたったの17分でフル充電!

続きを見る

Vivoが現在採用しているのは『Vivo iQOO』に搭載されている44Wの急速充電技術。それが120W(20V/6A)になるのだから想像を絶する進化です。

Vivo Super FlashCharge 120Wは、4000mAhのスマートフォンの電池残量が0の状態から50%までの充電を約5分で行います。100%までは約13分。やはり怖い!大丈夫なのか!?あまりに強い負荷をかけると、バッテリーに痛みが生じます。

しかしVivo Super FlashCharge 120WはBMSというバッテリー管理システムを持ち、バッテリーに無駄な負荷がかからないようにバランスをとってくれるのだそう。そうですか・・・。

充電し忘れが全く怖くなくなる充電スピード。怖いのは感電だけ。そして対応するコネクタはやはりUSB Type Cのみ。最初に搭載されるスマートフォンは『VIVO IQOO 5G』になる可能性が濃厚です。

しかしこの技術、スマートフォンじゃなくてノートパソコンやタブレットに使う方が向いてるんじゃ。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.