VIVO『120%・・・』Xiaomi『!!!』充電速度が怖いレベルに到達

Pocket
Facebook にシェア

すでにある程度の情報がリークされていましたが、Vivoは中国で行われているイベント『NWC 19 Shanhai』の中で、新しい充電技術を発表しました。充電技術の名称は『Vivo Super FlashCharge 120W』。

新しい技術が大好きなVivoですが、今回は超高速な充電技術。3月にXiaomiが100W急速充電技術をリリースしたばかりですが、それに被せるカタチで20W増量。正直速さがどうこう以前に怖いです。

Xiaomiの充電技術が未知の世界に突入!4000mAhのスマホをたったの17分でフル充電!

続きを見る

Vivoが現在採用しているのは『Vivo iQOO』に搭載されている44Wの急速充電技術。それが120W(20V/6A)になるのだから想像を絶する進化です。

Vivo Super FlashCharge 120Wは、4000mAhのスマートフォンの電池残量が0の状態から50%までの充電を約5分で行います。100%までは約13分。やはり怖い!大丈夫なのか!?あまりに強い負荷をかけると、バッテリーに痛みが生じます。

しかしVivo Super FlashCharge 120WはBMSというバッテリー管理システムを持ち、バッテリーに無駄な負荷がかからないようにバランスをとってくれるのだそう。そうですか・・・。

充電し忘れが全く怖くなくなる充電スピード。怖いのは感電だけ。そして対応するコネクタはやはりUSB Type Cのみ。最初に搭載されるスマートフォンは『VIVO IQOO 5G』になる可能性が濃厚です。

しかしこの技術、スマートフォンじゃなくてノートパソコンやタブレットに使う方が向いてるんじゃ。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.