Xiaomi Mi Maxの後継機は『Redmi』からリリースか

Pocket
Facebook にシェア

XiaomiのCEOである『Lei Jun』は、ニューブランド『Mi CC』の発表の際に、今後のブランド体制を明言。『Mi Max』や『Mi Note』の後継機は開発していないと述べました。

Xiaomi Mi Max 4の開発をCEOが否定。難民確定か

続きを見る

しかし、ファブレットファンの大きなため息が聞こえたのか、Redmiのゼネラルマネージャー『Lu Weibing』が、自身のWeiboにてMi Maxシリーズについて言及。

『夜遅くまで、Mi Maxシリーズの事が話題になっています。大画面と大容量バッテリーは必要ですか?あなたはそれを使って主に何をしますか?どんなシーンで利用しますか?その重さについてどう思いますか?』

微博

随时随地发现新鲜事!微博带你欣赏世界上每一个精彩瞬间,了解每一个幕后故事。分享你想表达的,让全世界都能听到你的心声!

これはLu WeibingがMi Maxの後継機開発に興味を持ち、フォロワーに対して意見を求めていると感じられます。

昨年リリースされたRedmi Note 5は、SocにSnapdragon636を採用。これはMi Max 3と同じものでした。デザインに関しても、ボディにアルミ素材が使われていたので、一回りRedmi Note 5を大きくしたものが、Mi Max 3といったイメージに。

Redmi Note 5

 

Mi Max 3

つまり、今後『Redmi』ブランドからMi Max 3の後継機がリリースされても、それは何ら違和感のない状況です。コストパフォーマンスと実用性に重点を置くというのであれば尚更。

仮にMi MaxがRedmiで再スタートを切るとしたら、名称がどうなるのでしょう。『Redmi Max』か、それともMi Max 3を継承し『Redmi Max 4』となるのか。

搭載されるSocとしては、Mi Max 3がSnapdragon 636だった事から、Snapdragon670か675あたりが妥当か。価格も抑えるとなるとこの辺りがベストな選択肢。ユーザーからしても満足のいくスペックアップとなるでしょう。

画面の大型化が進むスマートフォン市場ですが、ファンはやはり後継機を使いたいもの。Xiaomiがだめなら、せめてRedmiでお願いします。

Xiaomiに関する最新記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.