Mi Band 4は8日間(アジアのみ)で100万台以上売れた

Pocket
Facebook にシェア

世界的な売上を記録したXiaomiの『Mi Band 3』。その後継機となる『Mi Band 4』の登場は、市場の予想より早いものでした。

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

続きを見る

しかもマイナーアップデート的なものでもなく、ディスプレイはカラーになり大型化。ディスプレイテーマは77種類用意され、表示出来る文字量も増えました。

Xiaomi Mi Band 4は『視認性』と『トラッキング機能』が大幅に進化!

続きを見る

さらに6軸センサーや音声アシスタント(NFCモデル/中国語のみ)までサポート。それでいて価格は据え置き(2,700円〜)なのだから売れないはずがありません。

アジア市場では、発売から僅か8日間で100万台以上の売上を記録。一時は売り切れ状態に。これからグローバル展開する事で、さらに販売台数の増加が見込まれます。

売り切れのXiaomi Mi Band 4が21日から再販開始!

続きを見る

また、Mi Band 3とMi Band 4のバンドには互換性があり、これまで使っていたバンドがそのまま使えたり、まだ使っていないMi Band 3のバンドが残っていたら、それを処分することなくMi Band 4で使えるのは嬉しいですね。

今週末にはMi Band 4の実機レビューをお届け出来そうです。お楽しみに!

Mi Band 4に関する最新記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.