Mi Band 4は8日間(アジアのみ)で100万台以上売れた

Pocket
Facebook にシェア

世界的な売上を記録したXiaomiの『Mi Band 3』。その後継機となる『Mi Band 4』の登場は、市場の予想より早いものでした。

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

続きを見る

しかもマイナーアップデート的なものでもなく、ディスプレイはカラーになり大型化。ディスプレイテーマは77種類用意され、表示出来る文字量も増えました。

Xiaomi Mi Band 4は『視認性』と『トラッキング機能』が大幅に進化!

続きを見る

さらに6軸センサーや音声アシスタント(NFCモデル/中国語のみ)までサポート。それでいて価格は据え置き(2,700円〜)なのだから売れないはずがありません。

アジア市場では、発売から僅か8日間で100万台以上の売上を記録。一時は売り切れ状態に。これからグローバル展開する事で、さらに販売台数の増加が見込まれます。

売り切れのXiaomi Mi Band 4が21日から再販開始!

続きを見る

また、Mi Band 3とMi Band 4のバンドには互換性があり、これまで使っていたバンドがそのまま使えたり、まだ使っていないMi Band 3のバンドが残っていたら、それを処分することなくMi Band 4で使えるのは嬉しいですね。

今週末にはMi Band 4の実機レビューをお届け出来そうです。お楽しみに!

Mi Band 4に関する最新記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.