OPPO Reno 10x Zoomを徹底解析!Huawei P30 Proに勝てるのか!

Pocket

革新的なペリスコープ技術を用い、スマートフォン史上最高の光学ズーム倍率を実現した『OPPO Reno 10x』。

OPPOは常に、斬新なデザインとクオリティの高いカメラ技術を搭載したスマートフォンをリリースし続けてきました。しかしブランド力ではSamsungやHuaweiに遠く及ばず、フラッグシップモデルへの挑戦は出来ていませんでした。

Find Xの登場からOPPOの戦略が変化

しかし『Find X』というOPPOを代表するフラッグシップモデルの登場と共に、製品群を一新。Rシリーズを投入し、『R15 Pro』や『R17 Pro』は競争が激化するスマートフォン市場においても、コストパフォーマンスの高さで確かな存在感を残しました。

2019年に入ってもOPPOの攻勢は止まりません。そしてRシリーズの最新フラッグシップモデルとなるのが、独自スライド式ポップアップカメラとハイブリッド10倍ズームを備えた『OPPO Reno 10x』です。

OPPO Reno 10x ZoomはHuawei P30 Proに立ち向かえる唯一の端末

高倍率ズームのスマートフォンを先にリリースしたのはHuawei。P30 Proは光学5倍ズームを採用。ソフトウェア解析を含めたハイブリッドズームは、 OPPO Reno 10x Zoomと同じ10倍です。

Huawei P30 Proはいまも世界最高のカメラスマホとして降臨しています。しかし今後のHuaweiの未来的状況を考えると、いくらアップデートが保証されたとはいえ手を出しづらいのは正直なところ。しかしOPPOにとってこれは大きなチャンスとなります。なぜなら、Huawei P30 Proの代替え品になれるスマートフォンは、『OPPO Reno 10x Zoom』以外他に無いからです。

すでに日本でも発売が決定していて、7月3日には発表会も行われるOPPO Reno 10x。少し先にその全容をチェックしていきたいと思います。

OPPO Reno 10x Zoom徹底解析

OPPO Reno 10x Zoomの良いところ

・4800万画素の超高解像度と10倍ハイブリッドズームの圧倒的な望遠機能

・ノッチの無い、画面占有率93.1%の全面有機ELディスプレイデザイン

・Snapdragon 855による強力なハードウェア

・4,065mAhの大容量電池による長時間駆動

OPPO Reno 10x Zoomのイマイチなところ

・防水性能なし

・215gの重さ

・イヤフォンジャックが無い

OPPO Reno 10x Zoomは高性能で高品質

独自開発した高性能スライド式フロントカメラを採用したOPPO Reno 10x ZoomはOnePlus 7Proと同じ工場で作られているらしい

OPPO Reno 10x Zoomのディスプレイサイズは6.6インチ。OnePlus 7 Proが6.67インチなので、ほぼ同じサイズ。どちらのモデルも同じ工場で製造されているので、コンポーネント類は同じものが使われている可能性が高いです。

しかし、OPPO Reno 10x Zoomを引き立てているのはやはり斜めにポップアップするスライド式フロントカメラです。昇降時間は僅か1秒未満。また、リアカメラ用のデュアルフラッシュとしても機能します。昇降20万回以上の耐久性や、落とした時や転倒した時に自動的に格納する機能も備えます。

Rシリーズのデザインを最高レベルに進化させて作られたOPPO Reno 10x Zoom

OPPO Reno 10x Zoomのデザインは、R15 ProやR17 Proから踏襲されているものも多く、過去2年間に蓄積された、OPPOの集大成とも言えます。背面からの流れる様な曲線は、持ちやすさに加え気品を高めています。

10倍ハイブリッドズームという離れ業を採用しながら、レンズは背面に対してフラットに。多くのスマートフォンは背面よりレンズが飛び出していて、それが見た目を損ない、傷を作る原因にもなります。OPPO Reno 10x Zoomの場合はカメラセンサーの真下に1ポイントアクセサリーの様な突起があり、それがレンズの傷を防ぐ効果も。

実用性も考慮して、計算された絶妙なデザインは、Huawei P30 Proと同等のプレミアム感を演出。背面素材に使われているガラス(Gorilla Glass 5)にはフロスト加工が施されていて、滑らかで独特な質感に。汚れや傷が気になる場合は、同梱されているケースを使うのがオススメ。ロゴを格好良く見せるなど、純正ケースならではのギミックも。

ボタン配置はディスプレイを正面から見て、電源ボタンが右側、ボリュームボタンは左側と分かれています。SIMスロットは充電コネクタの隣という珍しい位置に。ケースをつけたままでもSIMの抜き差しが出来るのは、人によってはかなり利便性が増します。

OPPO Reno 10x Zoomに搭載された新しい技術。しかし代償として失った機能も

しかしながら、スライド式カメラを採用した事で失われたものも。イヤホンジャックや防水性能、そしてワイヤレス充電機能がありません。アクティブに使う事が想定されるカメラスマホなので、このあたりは残念ながらマイナス評価。

サイズは、全画面デザインとはいえ6.6インチあるので、これまでにリリースされたOPPO端末より大きめ。高さ162mm、厚み9.3mmとなり、厚みに関してはP30 Proが8.4mmなので、1m近く増す事に。

OPPO Reno 10x Zoomの超高性能は重さと引き換えに

10倍ハイブリッドズームや電動スライダー機構の搭載により消費電力はややアップ。そのため4,065mAhという、やや中途半端な電池容量。65mAhは上記の事を考慮してのものか。しかし重さは215gと200gオーバー。機能を詰め込むと重量が重くなりがちですが、OPPO Reno 10x Zoomに関してもそれは言えます。ちなみにP30 Proは192gです。

P30 Proも軽いとは言えない重さですが、200g近い重量だと片手で持ったときに手ブレを起こしやすくなるので、お手軽に写真を撮りまくりたい人にはどちらの端末もやや不向き。ただししっかり構えて撮れば驚きの描写。スマホではなくカメラとしての割り切りが必要かもしれません。

ベゼルレスな全画面有機ELディスプレイは最高のゲーム環境をもたらす

OPPO Reno 10x Zoomはカメラだけじゃなくディスプレイもすごい

OPPO Reno 10x Zoomのディスプレイは6.6インチの大画面。有機ELを採用し、フラッグシップモデルの王道的なスペック。画面占有率93.1%となる全面ベゼルレスデザインの効果は絶大で、ゲームをした時にそのことを実感できます。

有機ELなので彩度が高く、コントラストのハッキリした鮮やかな発色がさらに没入感をアップ。カラーは2つのモードから選択できるだけでなく、色温度まで調整可能。まるでクリエイティブ用途で使う本格的なディスプレイの様です。

ディスプレイ形状は側面にかけて2.5D加工が施され、背面より1モデル新しい『Gorilla Glass 6』が採用されています。直射日光下の視認性も素晴らしく、『Widevine L1 DRM』に対応することで、Netflixを含めた動画ストリーミングサービスにおいて、高解像度設定で美しい動画を楽しむことが出来ます。

ただ一つ残念なのは、ディスプレイの表示速度が60Hzであること。生産工場が同じとされるOnePlus 7 Proが90Hzの高速ディスプレイを搭載しているので、同じものがい採用されていればコストダウンにもつながりましたし、それ以上にOPPO Reno 10x Zoomの価値を高めることが出来たはずです。

スライド式カメラ部分に搭載されたセカンドスピーカーにより、立体感のある豊かな音響を実現。外出先でも動画や音楽をたっぷりと楽しめます。また、イヤフォンジャックは非搭載ですが、USB-C変換ジャックを使用することでイヤフォンを使って音楽を聴くことは勿論可能。美しい大画面を思う存分楽しみましょう。

Snapdragon 855を搭載することによりOPPO端末はさらに上の次元に

OPPO Reno 10x Zoomはフラッグシップモデルなので処理能力もスペシャル。Socには最高スペックのSnapdragon 855を搭載。OPPOは長い間ミッドレンジなモデル展開を続け、その代わりに系列会社であるOnePlusがフラッグシップモデルを作り続けました。

OPPOはSocではなく、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにソフトウェア開発にも重点を置いてきましたが、現在フラッグシップ開発をリリースする様になりSocも最高のものにスペックアップ。まさに最高の環境が整ったと言える状況です。

また、2 x 2 MIMO(2.4GHzと5GHzのWi-Fiを同時に使える仕様)やBluetooth 5.0といった最新規格をサポート。さらに最近のフラッグシップ機としては珍しく、Micro SDカードにも対応します。メモリーは6GBと8GB、ストレージは128GBと256GBの2モデルが用意されています。指紋認証は珍しさが無くなってしまったディスプレイ内埋め込み式。

OPPO Reno 10x Zoomには最高のスペックが搭載され、どんな目的で操作を行っても、もたつくことなく快適に作業をこなします。独自開発している『ColorOS』は、過去にiOSのクローンと呼ばれていた時期もありましたが、徹底的に改良が行われ、今では完全に独立したOSの一つに。

4,065mAhのバッテリーは1日分の電池容量としては十分すぎるほどで、外出時にスマートフォンの利用が6時間程度発生したとしても、バッテリーレベルが15%を下回ることはまず無いでしょう。また、充電は独自開発充電技術の『VOOC 3.0(最大20W)』に対応し、電池が切れた状態からでも80分あればフル充電が可能となります。

 

OPPO Reno 10x Zoomのソフトウェアは短期間で急成長したColorOSの最新バージョン

過去にOPPO端末を利用して不満を感じた人の多くは『ColorOS』の完成度の低さが原因でしょう。UIデザインも含め、iOSのコピーOSと揶揄されてきました。しかしそのColorOSもバージョン6へ。現代的なインターフェースも含め、利便性も大幅に向上しました。

ColorOS 6のインターフェース自体はAndroid 9.0 Pieがベースになってより快適に。見た目こそiOSによせたままですが、中身は1年前とは別物。ColorOSの進化がOPPOユーザーの増加にもつながっています。

しかしながら、まだ改善されていない部分も。Lock Screen Magazineは不要な情報をロック画面に表示します。このユーザーにとって嬉しくない機能は、最近Huaweiの端末でも問題になりました。設定からOFFにすることは可能ですが、そのやり方を知らない人にとっては害でしかありません。

サードパーティのアプリや独自アプリストアがインストールもゲーム拡張機能によりゲームは快適に

『Dailyhunt』『UCブラウザ』『NewsPoint』『Facebook』『Amazon』といったアプリもデフォルトでダウンロード済み。サードパーティのアプリが絶対に不要!という人はGoogleのPixelかAndroid Oneに対応する端末、またはiPhoneをを購入するしか選択肢しか無くなってしまうので、この辺りはスルーしましょう。独自のアプリストアもインストールされてますが、普通にGoogle Playが使えるのでコチラもスルー。

他には1つのアプリを同時に起動する機能や、機密ファイルを隠すためのプライベートセーフ機能。さらにパスワードでアプリをロックしたり、通知機能を管理することも。ゲームを快適に行うための『Game Space』機能は、ゲームを立ち上げると自動的に起動。リソースが最適化され、最高のフレームレートでゲームを楽しむことが出来ます。

また、ColorOSはフルスクリーンナビゲーションジェスチャーにも対応。ノッチレスな全面ディスプレイデザインなので、この操作方法は間違いなく最適解。バックグラウンドで起動しているアプリを自動的に削除する機能は、iOSを意識してのことかもしれません。

OPPO Reno 10x Zoomのカメラ機能は高感度良好もズーム時の画質は改良の余地ありか

カメラアプリは直感的な操作で撮りやすい

OPPO Reno 10x Zoomの最高のウリとも言える『ハイブリッド10倍ズーム』機能。Huawei P30 Proと同じペリスコープ技術が使われており、光学ズームはP30 Proを上回る8.1倍。カメラアプリではデジタルを含めると最大60倍のズーム設定に切り替えが可能。8.1倍からは解像度が800万画素に落ち、ソフトウェアによるアルゴリズム解析と光学ズームを組み合わせたハイブリッド拡大機能となります。

レンズ性能はメインレンズが4800万画素でF/1.7。ズームレンズは1300万がそでF/3.0。さすがに倍率が上がっているのでやや手ブレはしやすい感じに。広角レンズは800万がそでF/2.2です。カメラは自動的に被写体とシーンを検出するAIモードに対応しています。

『動画』『写真』『ポートレート』など各モードへの切り替えは容易。設定からは『夜景』『パノラマ』『マニュアル』『スローモーション』『Googleレンズ』に変更可能。また、コントラストを高めにする『Dazzle Color』という独自設定も搭載しているので、有機ELに適した写真を撮りたい時は是非使ってみましょう。

高感度に強いセンサー搭載。光の少ない場所でも高画質

カメラセンサーにはOne Plus 7 Proと同じSONYのIMX 586を採用。光を4倍多く取り込めるピクセルビニング技術により、暗い場所での撮影はかなり快適。OPPOが常に注力し続けてきたカメラ調整技術が、さらに画質を高めます。

明るい場所での描写では、デティールとダイナミックレンジの広い画質に。色はとても鮮やかに表現されます。逆に光がほとんどない状況でも、ノイズの少ない描写を可能に。夜景に関してはP30 Proが少しHDRがきつめに出過ぎているのに対し、OPPO Reno 10x Zoomはやや落ち着いた画質に。

OPPO Reno 10x ZoomとHuawei P30 Pro 夜景の画質比較

OPPO Reno 10x Zoom

Huawei P30 Pro

ズームレンズに関しては、残念ながらOPPO Reno 10x Zoomの画質はP30 Proより低画質。5倍までズームを引き上げるとその差は明らかに。デティールの細かさや色精度でP30 Proが勝っています。デジタルズームに切り替えてもその差は変わらず、P30 Proは10倍から25倍の倍率でも細部を維持してしっかりとした描写を可能にしています。流石世界一のカメラスマホです。

OPPO Reno 10x Zoom ズーム設定画像

OPPO Reno 10x ZoomとHuawei P30 Pro 光学5倍ズーム時の画質比較

OPPO Reno 10x Zoom

Huawei P30 Pro

OPPO Reno 10x Zoomは買いなのか?

10倍ハイブリッドズームが一番のウリなはずなのに、ディスプレイやデザイン、OSといった、カメラ以外の部分も優秀さが際立つ結果に。ただし、肝心のズーム撮影時にはHuawei P30 Proとの画質に差が出てしまうなど、ソフトウェアで改善出来るならした方が絶対に良い要素もアリ。

OnePlus 7 ProやGalaxy S10はアップデートにより画質が大幅に向上しているので、OPPO Reno 10x Zoomにも期待しましょう!

OPPO Reno 10x Zoomを購入するにはコチラから

 

 

Huawei P30 Proを購入するにはコチラから

 

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

『Huawei P30 Pro』『OPPO Reno 10x Zoom』のカメラ画質を徹底比較。どっちが欲しいかはっきり分かる!

続きを見る

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4 ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

楽天モバイルでiPhoneを買えば最大2万円相当の還元を受けられる
【超お得】楽天モバイルなら最新iPhoneが実質2万円台~!分割払いならiPhone 12 Pro Maxにも手が届く!

4月23日からiPhone SE(第二世代)、iPhone 12シリーズ、AirTag、AirPods Proの取り扱いを開始した楽天モバイル。iPhone 12 mini、iPhone 12、iPh ...

Redmi Note 10 Proを一番安く買うには
シャオミのRedmi Note 10 Pro 日本版を一番安く買えるのは?Amazon、楽天、格安SIMセール情報!

発売開始から人気が沸騰し、品薄状態のRedmi Note 10 Pro。人気の理由はカメラとディスプレイ性能の圧倒的な高さ。メーカー販売価格34,800円(税込)という価格帯で、日本市場においてRed ...

後4日!Redmi Note 10 Proが格安SIMの発売記念セールで1万3千円に(MNP)!アラーム必須!売切注意!

5月11日(火)午前11時から、格安SIMのOCNモバイルONEが満を持してRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始します。取り扱い開始を記念して、5月25日(火)午前11時までは発売記念特 ...

moto g30ではおサイフケータイみたいなVisaタッチ決済が使える
moto g30でおサイフケータイみたいなVisaタッチ決済を導入する方法!QR表示不要!タッチするだけで支払い完了!

記事に書かれている内容1 思っていた以上に使える!2万円台で使えるスマートフォンMotorola moto g302 Motorola moto g30の特長3 Motorola moto g30では ...

2万円台で購入出来るMotorolaのスマホmoto g30カメラレビュー
moto g30カメラレビュー!Redmi 9Tと実写比較!バランスのとれたGoogle Cameraライクな安定画質!

XiaomiのRedmi 9TとMotorolaのmoto g30はSocに同じSnapdragon 662を搭載する競合機です。ただしRedmi 9Tは1万円台、moto g30は2万円台とやや価格 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.