Googleが新たな『ディスプレイの折り畳み方』を提案

投稿日:

Pocket

進化し続けるスマートフォン市場。ディスプレイの品質問題で、出だしでつまずいた感のある折りたたみスマートフォンですが、最初に問題を解決することで、今後の製品開発には役立つでしょう。

Samsungは『Galaxy Fold』Huaweiは『Mate X』と、折りたたみスマートフォンをすでにリリース済み。XiaomiやOPPOも開発段階の折りたたみスマートフォンの動画を公式にアップしています。しかしSamsungとHuaweiに関しては発売が延期となり、まだ市場には投入されていません。

そんな中、Googleが考案した折りたたみスマートフォンの特許画像がWeb上で公開されました。他のメーカーの折りたたみスマートフォンとはデザインが完全に異なり、複数のディスプレイを備える形状に。

 

Google LLCは2018年末にWIPO(世界知的所有権局)にこの特許を申請し、2019年6月27日に公開。

仕組みとしては、有機ELディスプレイが組み合わせられていて、『両面表示』や『ページ送り』にも対応。チップやバッテリー、カメラといった部品は背面に内蔵される構造に。

これであれば、画面をスライドさせるというシステム的な操作ではなく、本を普通に開いて閉じるといった物理的な操作が加えられ、違和感なく電子書籍に溶け込めるかもしれません。

これはまだ特許段階に過ぎず、実際に商品化されるからわかりません。しかしGoogleがこの技術を使って何か新しいサービスを提供する可能性がある以上、その新しい何かを期待せずにはいられません。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.