Googleが新たな『ディスプレイの折り畳み方』を提案

Pocket
Facebook にシェア

進化し続けるスマートフォン市場。ディスプレイの品質問題で、出だしでつまずいた感のある折りたたみスマートフォンですが、最初に問題を解決することで、今後の製品開発には役立つでしょう。

Samsungは『Galaxy Fold』Huaweiは『Mate X』と、折りたたみスマートフォンをすでにリリース済み。XiaomiやOPPOも開発段階の折りたたみスマートフォンの動画を公式にアップしています。しかしSamsungとHuaweiに関しては発売が延期となり、まだ市場には投入されていません。

そんな中、Googleが考案した折りたたみスマートフォンの特許画像がWeb上で公開されました。他のメーカーの折りたたみスマートフォンとはデザインが完全に異なり、複数のディスプレイを備える形状に。

 

Google LLCは2018年末にWIPO(世界知的所有権局)にこの特許を申請し、2019年6月27日に公開。

仕組みとしては、有機ELディスプレイが組み合わせられていて、『両面表示』や『ページ送り』にも対応。チップやバッテリー、カメラといった部品は背面に内蔵される構造に。

これであれば、画面をスライドさせるというシステム的な操作ではなく、本を普通に開いて閉じるといった物理的な操作が加えられ、違和感なく電子書籍に溶け込めるかもしれません。

これはまだ特許段階に過ぎず、実際に商品化されるからわかりません。しかしGoogleがこの技術を使って何か新しいサービスを提供する可能性がある以上、その新しい何かを期待せずにはいられません。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.