Android vs iOS Antutuベンチマーク対決!勝つのはドッチだ!世界最強スマホはドレだ!

Pocket

ひと昔前まで、ベンチマークではiOSが圧倒的に有利でした。実際に処理能力が高いのだから高くても当たり前。だったのですが、残念ながらそれを認識していた人は極わずか。

それどころか、iPhoneが高いという認識すら持ってなかった人が殆どです。分離購入がスタートしてiPhoneの端末価格が丸裸に。目を丸くしている人、ケースもつけずにボロボロになったiPhoneを見て呆然としている人も多いでしょう。

そんな高価なiPhoneですが、最近ではAndroidに処理能力で逆転されたなんて噂も。実際に計測されたスコアは公開されているので、それを見れば結果は一目瞭然。丁度2019年6月度のAntutuスコアが公開されたばかりなので、早速比較していきましょう。

2019年6月時点 Android VS iOS Antutuベンチマークスコア対決

※太文字がAndroidです。

  • iPad Pro 2018 (11-inch) – 553,729 points
  • iPad Pro 2018 (12.9-inch) – 553,007 points
  • Nubia Red Magic 3 – 382,331 points
  • Xiaomi Black Shark 2 – 375592 points
  • iPad Air 2019 – 375,301 points
  • Xiaomi Mi 9 Explorer Edition – 371021 points
  • Xiaomi Mi 9 – 370,884 points
  • OnePlus 7 Pro – 368,307 points
  • Meizu 16s – 367,981 points
  • OnePlus 7 – 367,718 points
  • iPad mini 2019 – 367,247 points
  • Redmi K20 Pro – 367,003 points
  • Samsung Galaxy S10+ – 361,499 points
  • Samsung Galaxy S10 – 360,327 points
  • iPhone XS Max – 349,298 points
  • iPhone XS – 349,238 points
  • iPhone XR – 340,482 points
  • iPad Pro (12.9-inch|2nd) – 279,153 points
  • iPad Pro (10.5-inch) – 279,026 points
  • iPhone 8 Plus – 236,055 points

結果はご覧の通り。1位と2位はiOSですが、iPad Proなのでまぁ論外。土俵が違います。スマートフォンの部類で見ていくと、Nubia Red Magic 3が第一位に輝いています。iOSも含めたベンチマークスコアの1位なので、これで名実共に世界一と言えるでしょう。

iOSはXiaomiやOnePlusの最新フラッグシップ機にも差をつけられ、Galaxy S10の次にようやくランクイン。処理能力モンスターの異名はすでに過去のものとなりました。そして上位にランキングされているRed MagicやXiaomi Mi 9といった端末はiPhoneの半額以下。これではユーザーが納得するはずがありません。

次期iPhoneに搭載されるA13 Bionicではまたスコアを上げてくるのは確実ですが、最近では『AIにチカラを入れている』とやや逃げの姿勢をとりはじめたApple。AIにチカラを入れているのはGoogle率いるAndroidだって同じこと。今回もそれが通用するのか。

ちなみにスマートフォンランキング世界第一位のNubia Red Magic 3。現在限定セール中。iPhoneの価格と是非見比べてみてください。

スマートフォンの性能は発熱により下がる

発熱→フリーズ→シャットダウン→故障

どんなにハイスペックなSocを搭載していても、負荷が重くなるゲームなどをしていれば性能が低下します。少し前までは『スマホが熱い!フリーズして落ちた!』という悲鳴が頻繁に聞こえていました。

もちろん、それを繰り返す事で最終的にスマホは壊れます。無理に負荷をかけすぎ、熱暴走を放置した結果です。

Socの進化により最悪の状況は回避

しかし最近ではCPUの数が増えたりAI機能が進化したことで、電力効率が大幅に向上。処理がある程度分散され、コントロールされるようになったので、負荷がかかりすぎてスマホが故障するといったことは少なくなりました。

故障しないだけでは満たされなくなったスマホユーザーの欲求

スマートフォンの故障率は低下しましたが、今度は少しでも動きがもたついたり、電池の持ちがあまり良くないいうだけでも不満の対象に。不満の声はインターネットに拡散され、売上減少の直接的な原因となってしまいます。

ゲームユーザーの求めるスペックは最高基準

パソコンでゲームをしている人であれば良く分かると思いますが、量販店などで市販されているモデルと、ゲーミングPCではまるで作りが違います。ゲーム以外でも、動画編集など重い作業をする場合はゲーミングPCがオススメ。

動きがサックサクで別次元です。つまり、それだけ圧倒的に性能が高いと言うこと。ハイスペックなPCを探していて、どれを買っていいか分からなかったらゲーミングPCを買いましょう。

Red Magic 3はゲーミングPCの遺伝子を受け継いだゲーミングスマホ

驚異の回転数と省電力を実現した冷却ファン

Red Magic 3に搭載された冷却ファンは、1分間に14000回転するという超高性能モデル。そんなに回転したら逆にスマホに負荷がかかりそうなもの。

しかしこの冷却ファンのすごいのは、これだけ回しておきながら一時間の電力消費はたったの1%。3万時間以上使用可能な耐久性も持ち合わせ、最強の冷却ファンとしてRed Magic 3をしっかり支えます。

素材もこだわりぬいた最高の放熱システム

多層グラファイト』『放熱グリス』『』『ヒートパイプ』『アルミ』これら全て、熱伝導率を高めて放熱効果を促すためのスペシャル素材。ここまでやるか!のオンパレードです。

この最高の冷却システムは『ICE 2.0』と名付けられ、非搭載時と比べてCPU温度を16度低下させる事に成功。この温度低下がスマホ性能にどれほど影響を与えるかは次の項目で明らかに!

冷却性能世界一はスマホ性能世界一だとAntutuのスコアが実証

スマートフォンの性能を数値で表す最も分かりやすいベンチマーク、それがAntutuのトータルスコア。同じSocを搭載していてもスコアが違うのは、ピーク性能を維持できているかいないかです。

常に高い性能を維持できている場合はスコアが高く、逆に上下している場合はその分スコアが下がります。Red Magic 3が登載しているSocはSnapdragon855。

同じSocを搭載していても、高いパフォーマンスを維持出来なければスコアは下がります。しかしRed Magic 3が叩か出したスコアは『382,331』。2019年6月現在で世界最高のスコアです。これはピーク性能を高く維持している証拠です。マラソンを全速力で駆け抜けられる、そんな超人のイメージ。

高速表示可能な最高品質のディスプレイ

最近One Plus 7 Proに搭載が決定し、3倍のコストをかけて開発したと話題になっている90Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイ。通常のディスプレイは60Hzで、この数値が大きくなればなる程早い動きを滑らかに表示する事が可能となります。

動きの激しいゲームの表示を前提としたゲーミングスマホならではの仕様とも言えますね。ちなみに有機ELでHDRにも対応しているので、動きの速さに加えて圧倒的なダイナミックレンジによるド迫力な映像美を可能とします。

臨場感を大切にしたゲーミングスマホ設計

独自でチューニングした音の増幅により、本来生じる音の歪みを減少。そうすることでノイズを抑えたクリアな音質を実現。さらにデュアルスピーカーによるバーチャル3Dサウンドに対応することで、スマートフォンとは思えないレベルにゲームの臨場感を高めてくれます。

スタミナスマホ並みの大容量電池に驚速充電技術採用

電池容量は5,000mAhとスタミナスマホ並みの大容量。有機ELの省電力性に加え、最高の冷却システムを備えているRed Magic 3に電池の心配など一切不要。それでも気になる人の為に、最大27Wの超急速充電技術を採用。10分間で1時間のゲームが可能になるのだから、これで文句を言う人はいなくなるはず。

その他基本スペックもかなり高め

ゲーミングスマホなんだからカメラは別にいらないよ!というひとには無駄な機能になってしまいますが、カメラも高性能。F/1.7の超明るいレンズを採用し、解像度は4800万画素と高解像度。8Kや1920fpsのスローモーションといった、動画専用カメラ並みの撮影を可能にしているのも冷却システムの恩恵です。

Nubia Red Magic 3を購入するには

フルバンド対応で未知数の潜在能力を持つ、今後最強のゲームスマホになるポテンシャルを持つRed Magic 3がいきなり限定セールに突入。勿論日本語に完全対応したグローバルモデル。

世界一となるRed Magic 3の価格を売り場で見て、是非iPhoneと比較してください。そしてRed Magic 3をとことん安く買えるのがGearBestのフラッシュセールフラッシュセールは突発的に行われているので、売り場にいってセール状態だったらラッキーです。人気端末はあっという間に売り切れてしまう可能性があるので要注意!

クーポンの利用でさらに価格が安くなるサプライズ

GearBestからハイパーガジェット通信に提供していただいた限定クーポンを入力すると価格がさらに安くなります。ただし50枚限定なので早い者勝ちです。

クーポンコードは以下の通り(Copyボタンを押すと自動的にコードがコピーされます)

GBDM1906RM3


※GearBestは日本語の分かる担当者もいます。さらに日本で購入するのと同じ1年修理保証が受けられます。価格が安いだけではなく、グローバル端末を購入する時はかなりオススメなショップ。

【格安SIM対応状況】まさかのフルバンド対応。日本投入が決まっているので仕様は同じなのかもしれません。それなら安く海外から買った方がお得!

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:○

最新の限定セール情報はコチラ

AnkerがTWSの最上位モデルSoundcore Liberty Air 2 Proを発売開始!今なら実質1万円!

AnkerがCES2020で海外リリースしたばかりのTWS最上位モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。日本での発売開始になるのはまだ少し先かと思いきや、なんと1週間も経たぬ ...

ahamo、SoftBank on LINE、povoにもお勧めなOnePlus 8 Proの12GBが83,908円!

通信キャリアの格安プラン、NTTドコモの『ahamo』、Softbankの『SoftBank on LINE』、auの『povo』、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT V』を利用するには ...

AQUOS sense4 Plusが乗り換え特価20,800円で買えるのは1月12日まで!90Hz表示&スナドラ720G

格安SIMの『OCN モバイル ONE』では、1月12日(火)の午前11時まで限定で『AQUOS sense4 Plus』の特別セールを開催中。期間内であれば、Amazonでの販売価格が『50,600 ...

楽天モバイルがRakuten Handの実質0円キャンペーン開始!Antutu27万超え、長時間駆動のスリムスマホがお得

楽天モバイルが1月7日(木)から、『Rakuten Hand』が実質『0円』になるキャンペーンを開始しました。詳細は以下の通り。 キャンペーン開催期間について Web:2021年1月7日(木)9:00 ...

格安SIMのOCNモバイルONEが最大1万3千円のキャッシュバックキャンペーンを開始!1月31日までの期間限定!

NTTコミュニケーションズが運営している『格安SIM』の『OCN モバイル ONE』では、1月5日(火)~1月31日(日)までの期間限定で、最大『13,000円』のキャッシュバックキャンペーンを開催中 ...

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアー ...

Xiaomi POCO X3で楽天モバイルとUQモバイル(au回線)のSIMを使ってみた!設定方法から電波状況まで

先日、久々にグローバルモデルを購入しました。XiaomiのサブブランドPOCOの『POCO X3』です。Socにはハイミッドレンジ用のSnapdragon 732Gを搭載し、スマートフォンの性能を示す ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.